超大国アメリカの「反重力戦闘機」開発の源流!? ~ナチスドイツによる円盤型戦闘機の開発~

【ナチスドイツによる円盤型戦闘機の開発】

独・矢追純一氏UFOスペシャル
独ナチスがUFOを製造していた。

《ナチスドイツで航空機の開発と研究が進んだ理由》

 ヒトラーは1927年~1928年頃から極秘の内に研究所や工場でロケットの実験製造を実施。1932年には既に初めて研究用ロケットの試射に成功していた。
欧州の中で優れた航空機開発を進めてこられたのはドイツの国情にある。
我が国と同じで国土が狭く、人口が多い。さらに天然資源も乏しい国であり、石炭とわずかな鉄、銅があるだけで原油の算出は0ゼロでした。
また米英や日本のような大規模かつ強力な海軍力を保持せず、規模の小さい艦隊しか保持せず、植民地がないため船舶で輸送した時に燃料を補給できる港がなく、国土が狭いという欠点を上空と海中を利用することで克服するしかなかったためUFOをはじめとする航空機開発に全力を注いだのである。

 《円盤型の航空機はドイツ人の発想》

 1936年当時ドイツ士官学校の教官だったナチス上級士官アンドレア・エップ氏が、オリンピックでのヘリコプターの飛行をみて、ローターの回転がぶつかることで墜落してしまう、そこでヘリの回転翼を機体の中に入れて飛行する、との発想に至る。
 機体を円盤型にして、中にたくさんのプロペラを装備、コントロールすることで上昇、水平飛行を行えるように設計する。
2.4馬力のガソリンエンジン8基を搭載する直径2.2mの試作機を作る。企業の協力も得て直径42m、時速2000㎞で飛行する機体を完成させる。
その後、エップ氏が円盤型機体が戦争に利用されることに反対し、プロジェクトから離されて、円盤型飛行機の開発は、シュリーバーやハーバーモールに受け継がれる。
 円盤型飛行機は、グリーンランドまでテスト飛行されるが、エンジントラブルがおこり、不時着して破損してしまう。
 国防総省の発表により、アメリカ軍がグリーンランドにてこの機体を回収して、円盤型飛行機の研究開発を継続する。(アメリカの円盤型飛行機開発の源流はナチスドイツの技術)

  ヴリル協会

1870年代にミュンヘン大学地政学教授カール・ハウスホーファーが設立する。
秘密結社であるニューナイツテンプラー(新聖堂騎士団)の流れをうける組織。
19346月に、円盤型戦闘機「RFZ-1」が完成される。シューマン博士により、ブランデンブルグにあるアラド飛行機製造工場でテスト飛行される。
テストパイロットは、ローター ・ヴァイツという人物で、地上60mまで垂直上昇するも機体の安定性が悪かった。
1934年末に「RFZ-2」が完成する。直径5mで「ヴリル原動モーター」を備える。
その特徴は以下の通り。

UFOの速度が増すと輪郭がぼやけてみえる。
・速度によって色調が変化する。(赤、オレンジ、黄、緑、白、青、紫)電磁気を利用して飛行する推進方法を採用していたため、電磁場によって周囲の空気がイオン化するため外形が変化したり、色調が変わるようにみえた。
・推進方法が特殊なため90°もしくは45°或いは22.5°の3方向にしか方向転換ができない。

以上の理由で「戦闘用兵器」としては、不適格とされた。「長距離用偵察機」として採用される。
1938年までにRFZ-3~4とその発展型のRFZ-5が製造される。そしてRFZ-5からコードネームが「ハウニブー」に変わった。
1942年までにシュリーバー、ハーバーモール、ミーテ、ベルーゾらの科学者が円盤型航空機を開発する。RFZ-7までを製造していた。
1942年冬にヴリル協会によるコードネーム「ヴリル」の新型円盤航空機の開発とテストフライトを行う。直径約11m、8㎝KSK砲×1門、108MK砲×2門、17MK砲×2門を装備する。
「ヴリル1」~「ヴリル7」まで27機製造され、85回のテストフライトを行う。「ヴリル7」からの機種を「オウディーン」と呼ぶ。機体内部は2F建てである。

  V7計画

1934年ヒトラーが科学者ビクトル・シャウベルガーに新しい推進方法によるUFO開発を命じる。(V7計画)
環境保護者のヒトラーの求めに応じて「爆縮型エンジン」を以前に開発していた。
内燃機関の爆発の反対方向にむかうエンジンで、排気ガス(汚染物質)を放出しないといわれていた。
当時ドイツ占領下のウィーン・カートル研究所にて、UFOに搭載できる小型で大出力、電磁波推進で飛行する「超電導モーター」を完成させた。
(超電導モーター装備の試作機フライングハットクラフト。直径4070m)
1945219日に無人機のテスト飛行が実施される。時速2200㎞で移動、空中での静止、前進、後退、鋭角ターンなどの運動性能をみせる。
 ナチスドイツは墜落したUFOから飛行技術(製造技術)を得て、V7計画に利用したといわれている。
19455月のベルリン陥落により、試作機の設計図、機材などはすべて廃棄されたといわれている。

《シャウベルガーが開発した先進技術・超電導モーター以外の先進技術》

・ファイヤースポンジ~超金属。メタルとシリコンのようなものからできた一種の合金、光沢はなく濃いグレーの色調。鉄やチタニウムより頑丈、プラスティックのように軽い材質、鋳型で一体成形鋳造。

・トロナール~プラスティク。軽く耐熱性に優れる。ドイツ・フォルテン社製。ボン郊外のトロイスドルフのダイナマイト会社で製造。

・インタヴァイム~シュランベルクの研究所。硬質の有機物が含まれた軽合金を発明される。高熱になると色調がかわる特徴がある。


  シュリーバー・ハーバーモール・フライングホイール(空飛ぶ車輪)開発計画(仮称)

航空技師ルドルフ・シュリーバーにより設計された「モデル1」タイプが源流。
特徴としては、中央のコクピット周囲に扇風機のような円盤型の翼をつけた円盤型航空機。円盤翼が回転することによって垂直に上昇することができ、ジェット推進に似た「ヴァルターチューブ」という推進力によって前方に飛行する。
1941年にモデル1のテスト飛行が実施される。
コクピットの周囲の回転翼が、それぞれ角度を変えることで飛行方向や浮力を調節する構造になっていたが、機体のバランスを保つことが難しく墜落してしまう場合が多かったため失敗であった。
これを受けてシュリーバーは、同じ航空技師のハーバーモール、ミーテ、イタリアの物理学者ベルーゾ博士らの応援を得て、モデル1の改良型の製造に乗り出した。
19438月に「シュリーバー・ハーバーモール・フライングホイール」として改良型のテストフライトに成功する。
構造的な特徴として、
   スタビライザー(垂直尾翼)により機体安定性が高まった。
   回転翼の下に設けられた3つの3つのジェット噴射口。
   機体下部に垂直上昇のためのジェットノズルが新設。
   試験飛行で215秒の間に高度12000mに達した。水平飛行では時速2000㎞を記録する。
   ヴァルターチューブの成功~一種のジェット推進機関。「アウグスロール」と呼ばれるジェットエンジンを性能アップさせたもの。「アウグスロール」はV1ロケットの推進力。一種のチューブ状で、前方に可変翼タイプの窓がある。可変翼ウインドウを開けて、前方の空気を勢いよく吸い込むと同時にウインドウを閉じ、間髪をいれずにガス状にした燃料を吹き込み点火する。噴霧された燃料と空気が混合ガスとなり爆発すると高圧ガスがチューブ後方から猛烈な勢いで噴出され、その圧力で前方に推進する。
最終テストフライトでは、時速3000㎞を記録したといわれる。欠点は燃料搭載量が少なく航続距離がのびないことである。

  ベルーゾ・シュリーバー・ミーテタイプ開発計画(仮称)

シュリーバー・ハーバーモール・フライングホイールの発展型の円盤型航空機。
乗員は3人(リクライニングシート、赤外線カメラで外部をみる。)
秒速40005000フィート。(時速4400㎞~5050㎞相当。)
マッハ3.62ないし4.1(コワインダー効果の原理)
高熱に耐えられるチタニウム鋼を採用。
ファイバーグラス、プラスティックを内部に使用。
直径1420mまでの数タイプが製造された。
エンジンは、BMW自動結合型エンジン12基を採用。
夜間や霧の多い日でも飛行が可能である。

無線、レーダーオペレーション可能。

⑤ナチス親衛隊SSによる円盤型航空機の兵装化

ナチスドイツのヒトラーはじめ幹部は、円盤型航空機を「兵器」として運用するつもりはなかったという。むしろヒトラーが夢みていた「宇宙旅行」のための乗り物として、SSに開発を命じていた。
だが、戦局がナチスに厳しくなるにつれて、「戦争用の兵器」にするというアイディアがだされ、そのためのプロトタイプがいくつか製造されたという。
 SS内部の「E4」セクションにて円盤型航空機の研究開発を行う。
タイガー型戦車、パンサー型戦車のキャノン砲(砲塔)を円盤型航空機に取り付けていた。砲塔が1分間に360°回転するように設計されており、戦車兵が乗降するためのハッチもついている。

「ヴリル協会」と共同で円盤型航空機の製造が実施される。
ヴリル協会の「RFZ-5」を「ハウニブー」とコードネームに変更される。
1938年8月に「ハウニブー」(RFZ-5)のテストフライトが実施される。
 直径25m、8人の乗員を載せる。時速4800㎞を記録する。(後に改良され17000㎞まで速度アップしている。)回転砲塔には、8㎝砲2門、MK108㎝砲がが装備。
1938年に科学者ハンス・コーラーが開発した画期的なエンジンを使ってSS・E4セクションにより円盤を製造しはじめた。

『新エネルギー源に関するハンス・コーラーの発明』(英国情報部調査小委員会報告書)による「コーラーコンバーター」のしくみ
・主体は、強力な棒磁石と棒磁石にある特殊な巻き方で巻いた銅線で成り立つ。
・こうしたマグネットコイルを6個用意し、六角形に配列する。
・コンデンサーと二つの筒型コイルおよびスイッチで構成される電気回路を接続する。
・作動させるには、まずスイッチをきっておき六角形に配置されたマグネットを互いに少しづつ離す。そしてコイルの位置をゆっくりとアジャストしていきながら、電流の流れを監視する。
・すると不思議なことに電流計の針が振れ始める。テンションがあがってきたときに、
・スイッチをオンにする。
・電気回路に強力な電圧が発生する。

SS・E4セクションは、この「コーラーコンバーター」を発展させ、「トゥーレ・タキヨネーター」と呼ばれる反重力エンジンを完成させた。

《もう一つのナチスドイツの円盤型航空機開発の原点》

 ナチスドイツ親衛隊SS隊長ヒムラー、ゲーリング空軍相、ルドルフ・ヘスらは、トゥーレ協会のエリック・ヤン・ハムッセンの教授をうけ、異星人とチャネリング(秘密の儀式による交信)の能力を保持していたといわれる。

 特にヒムラーは、チャネリングによって未来や過去を知り、さらに異星人の知識を入手しようと秘密の儀式に熱中していたといわれる。
 SS・E4の開発したUFOにはチャネリングを通じて得た先進知識が役にたったのではないか、といわれている。
 異星人とのチャネリングが行われていた場所は、ドイツ・ペダボルンにあるウェベルスバルク城の一室である。
 ナチス親衛隊SS隊長ヒムラーは、この城の一室でのチャネリングによって、アルデバラン星人のUFOの秘密を入手し、さらに彼らが操るUFOを呼ぶことにも成功したのである。
 
交信していた先の異星人について

 地球から約68光年離れた「アルデバラン」という恒星系にある二つの惑星に住む知的生命体。

アルデバラン星系の生命体は人間に似た容姿であり、「SUMERAN」帝国を作っていた。彼らはそこで何十億年の間発展を続けていたのだが、やがてアルデバランが膨張をはじめたため惑星に住めなくなり、移住をはじめる。
 そして我々の太陽系にやってきたときに、最初に移住した場所が、現在火星と木星の間に小惑星群として残っているだけの惑星マローナであった。マローナはそののち隕石と衝突して小惑星群に分裂する。しかし「SUMERAN」人たちは、その前に火星に移住し、ピラミッド型都市や人面岩など構築する。
 地球へ最初に「SUMERAN」人たちがやってきたのは、チグリス・ユーフラテス川流域にあるメソポタミア地方であった。先住していた原始的な人類に彼らの科学知識や天文学を教え、その結果「SUMERAN」の文明が地球に開花した。これがシュメール文明のはじまりである。

ほんとかいな!??
ドイツ人の発想で、ドイツの技術で開発されたとした方が説得力があるようにも思いますが、いずれにしても戦前戦後とアメリカは、実機回収も含めてナチスドイツの円盤型航空機の技術、技術者を獲得し、独自に円盤型航空機の開発につなげていったものと考えられます。

【引用参考文献】
『ついに突き止めた超兵器の秘密 ナチスがUFOを造っていた』 矢追純一著 1994年10月 雄鶏社発行

【関連動画】 ②矢追さんに、NASAも熱望、ナチス驚愕のUFO開発技術を伺いました! 2016/04/04 に公開 四半世紀前に特番でスッパ抜いた! 矢追純一さんに、ナチスがUFOを製作していた事実を聞いてみました。 NASA設立も、本来の目的や何を基に設立されたのか、知っているようで、知らない人も多いのではないかと思います。NASA設立の驚愕事実と合わせてご覧いただけると、楽しめると思います。 https://youtu.be/0940s6otSks  
③矢追さんに、NASAとナチスの関係を聞いてみました!総集編 2016/04/09 に公開 四半世紀前に特番でスッパ抜いた! 矢追純一さんに、ナチスがUFOを製作していた事実を聞いてみました。 NASA設立も、本来の目的や何を基に設立されたのか、知っているようで、知らない人も多いのではないかと思います。NASA設立の驚愕事実と合わせてご覧いただけると、楽しめると思います。 https://youtu.be/jFSUPk2H_rU


日独火星探査(1) // UFO University ( UFO大学 / UU ) 
2013/03/31 に公開 1941年3月にヒットラー政権(1933-1945 在任)は、アルデバランETIのサポートを受けて火星へ出発する準備をすることに決定した。そして 1944.4に日独の科学・情報部のメンバーが 極秘のうちにETIのサポートで開発したUFO宇宙船に乗って出発しました。そして1946年に火星に到着して火星都市にて見学と歓迎を受けたとの情報が 連合軍UFO/ETI極秘部隊が 入手しました。トルーマン大統領は ただちに専門の情報幹部等を派遣し関係者の捜索・調査・尋問を開始しました。その内容は①ドイツUFO/ETI科学者・情報機関員たちの尋問等 ②フォン・ブラウン博士ら米国亡命者たちの調査・尋問③ソ連に連行されたドイツ科学者たちの極秘調査③GHQによる日本のUFO/ETI科学者・情報機関員たちの尋問④その他 以上の国家機密に関する調査・捜査・尋問等は 徹底して極秘に実施されました。つまり トルーマン大統領(1945-1953 在任)は すでにETIの存在とUFO宇宙船のハイテクに大変な関心をもって進めたとされ この調査・尋問の結果 UFO宇宙船が開発に成功していたこと、火星には ETIが先住し日独火星探査部隊は かなりの交渉の成果を出したことを確認しました。日独の火星探査は具体的にほとんど厳しい機密のベールに包まれていてまったく情報がありませんでしたが 数人のドイツ情報機関の将校らの公務証言や  フォン・ブラウン博士ら米国に亡命した科学者たちの告発証言オーベルト博士(独ロケット工学の父)の公務証言などにより その存在が 明らかとなってきました。さらに 現代において 米国政府を超えた最高権力機関SEGは ブッシュ政権の父・子たちに支持され ほかの実力者とともに 年間 10回以上 火星都市を往復し 地球SOS!!!に対処した交渉を火星ETIらと何度も続け一定の成果があったとの証言が 関係者の中から出ております。 さらなる今後の研究成果が 期待されていますが 機密内容のため関係者の理解と協力が求められます。 あらためて国民主権 人権の原則について検討する新時代を迎えつつあると言えるでしょう。 https://youtu.be/U25syiyqbKo
日独火星探査(2) // UFO University ( UFO大学 / UU )
 2013/04/13 に公開 ドイツでは 1910年代後半からアルデバラン星人によるサポートか゜あり異常なまでに科学・技術が 進歩しました。日本の東条英機(1884-1948 在任は1941-1944 岩手県生まれ 陸軍大学卒  陸軍大将 陸軍大臣 内閣総理大臣 首相等 )は 1919~1921まで武官としてドイツに駐在しており、この時にドイツがアルデバラン星人のサポートを受けてハイテクなUFO宇宙船を開発したことを知り大変 おどろいたとの証言があります。その後 日本国での日独の交流を積極的に進め青少年から科学者や軍人等も合同で協力して世界帝国を構築しようとの会談等を何度も積み重ね実施しました。 そして 1945.4の敗戦直前にドイツと日本の科学者・軍人たちが火星へ向かって出発したのでした。1946年には、火星のシドニア地区に着陸したとの情報も入ってきました。敗戦間もなくでしたが、以上の情報が米ソの情報機関が知ることとなり日本では米国のトルーマン大統領からGHQ連合国総司令部最高司令官のマッカーサー元帥に極秘の調査・尋問の指令が出されました。GHQは 極秘に東条英機や関係者の捜査を進め尋問を実施し調査との整合性や信頼性を厳しく確認して報告書にマトメて極秘の情報としてトルーマン大統領に届けました。その内容は 現在も公開されていませんが 関係者の証言から①日独の合同で火星探査に行ったこと②火星に行けたのはアルデバラン星人のサポートで開発したUFO宇宙船であること ③火星の探査は地球での帝国の建設が困難になったこと④火星が 地球人の故郷であることを確認すること⑤先住民の火星人の助けを借りること ⑥その他
以上のような内容を詳細に書いた報告書を提出したと推定されています。今回は 米国の日独火星探査等についての日本人科学者等の調査・尋問の実態を紹介しました。 https://youtu.be/U3eHWlNe5a0
日独UFO開発③ / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL 
2013/08/11 に公開 
日独の合同によるUFO宇宙船の開発は、1933年以降に しだいに整備・完成され 東条英機政権とヒトラー政権下で極秘に火星ETI政府の協力を得るために約35人( 日本人は約5人 )の科学者と情報官 政府高官らが 葉巻型UFO宇宙船の「アンドロメダ号」に搭乗して1945.4/20に地球を出発し 1946.7.に火星のシドニア地区に到着し 火星ETI政府の歓迎を受けました。到着した彼らは 日独ともに敗戦になったこともあり帰還を希望せず 火星に留まり 高度に進んだ文明や 地球文明と火星文明の関係など 詳細にわたり学習し考え・吟味・検討・・・などの情報が 1970年代から米ソの極秘によるUFO宇宙船の開発の成功により火星政府の許可のもと地球人たちに面会したとされ その時は ドイツ政府の要人も立ち会ったとの機密情報を証言した関係者たちが 存在しています。彼ら関係者の証言は一歩間違うと暗殺へ直行するため死を覚悟で証言していると推察されます。いずれにしても 一切 米国も ロシア政府も 日本政府も UFO-ETI情報を隠しきっているため 真相は なかなか解明できませんが ほんの少しでずつ情報が 出てきたことは 国民や地球人類にとってマイナスではないと 思います。   なおロシアのUFO宇宙船の開発と製造はソラトフ軍事基地のほか全ロシアの厳重警戒区域内で なされており 米国同様 ETIのサポートを受けながら現在も進められています。今回はほんの一部の資料を紹介しました。 
https://youtu.be/FSMjgaOTIJU
日独UFO開発④ / UFO科学大学院(USS)== UFO SCIENCE SCHOOL
2013/08/12 に公開 日独合同のUFO宇宙船の開発は アルデバランETI政府のサポートにより完成し敗戦のまぎわにドイツを出発(1945.4/20)して 次の年(1946.7/11)に火星に到着し同政府の歓迎後は 地球社会の抱えている諸問題について さまざまなアドバイスを受けました。  約35人の日独の方々は 帰還せずに火星社会に定住されました。戦後 米国政府は 火星へ行ったUFO宇宙船の確認と火星ETI政府に何を要請したのか・・・・連合軍の米国情報部は 日独の関係者を極秘に調査・尋問しトルーマン大統領へ報告。マッカーサーもトルーマンも同じフリーメーソンのため影の政府:SEGへも報告し太陽系のETIとの関係でも会談を検討し オリオンETI政府のサポートを得て1989年には UFO宇宙船は 完成し火星飛行を実施し火星政府と何度も交渉して現在 約二万人の科学者・政治家・実業家・アーチスト・・・の方々が 定住しています。火星ETI政府は 地球人類の先祖であることから ブッシュ大統領らは 地球SOS!!!に対処すべく移住を要請しました。 火星ETI政府からは 地球人類に隠したままで 火星移住は 問題だし 核戦争や格差社会を克服するのが 先だと言われ 約二万人だけならと・・・受け入れて下さったとのことです。 SEGの幹部らは 月に数回火星へUFO宇宙船で往復しているとボイラン博士( チャプマン大学教授 カリフォルニア大学教授 臨床心理学 心理学博士 UFO-ETI政策学 UFO科学 ETI科学等 )らは 証言者たちの調査分析等から公務証言されました。今回は ほんの一部の資料を紹介いたしました。 https://youtu.be/mpICpN36TSo

0 件のコメント: