アメリカ政府のUFOの認識はどうなっているのでしょう!?

米上空にUFO?謎の高速飛行物体、専門家も正体わからず
2012.11.16 Fri posted at 14:19 JSThttp://www.cnn.co.jp/fringe/35024533-2.html

コロラド州をはじめ全米の空を監視しているFAAも、そのような物体について管制塔からの報告はなく、FAA職員が目撃したことも、レーダーに映ったこともないとしている。
北米航空宇宙防衛司令部も、この時間にデンバー地域の上空で何らかの動きがあったことは確認されていないとした。
発見者の男性は、デンバー市内にUFOの離発着場所があるとの考えだ。しかし地図上で見ると、その場所には住宅が1軒あるのみ。謎の物体がUFOなのか、軍の極秘実験機なのか、それとも風に飛ばされた破片なのか、正体は今も分かっていない。
最近ではまた、ケンタッキー州の上空に謎の巨大物体が出現したのも報告されている。撮影者は飛行機やヘリコプターなどではなかったと述べている。

ケンタッキー州の上空に謎の巨大物体?

2012.10.27 Sat posted at 15:09 
ケンタッキー州の上空に謎の巨大物体が出現した。撮影者は飛行機やヘリコプターなどではなかったと述べている。


エイリアンやUFOに関する報告書、米CIAが機密解除
2016.01.30 Sat posted at 18:00 JSThttp://www.cnn.co.jp/fringe/35077105.html?tag=rcol;editorSelect

(CNN)米中央情報局(CIA)は20161月30日までに、地球外生命体が存在する可能性に関する調査文書の機密指定を解除した。公表された文書の数は数百に上り、1940~50年代にかけて複数の未確認飛行物体(UFO)が報告された件について調査したもの。

地球外生命体の存在を信じる人は、ドイツで1952年、空飛ぶ円盤が見つかったとする件を調べてみるのがいいかもしれない。CIAの報告書によると、目撃者の男性は、「空飛ぶ巨大な皿に似た」物体がドイツの森林内の空き地に着陸したのを見たと調査官に証言。
この男性は着陸現場に近づき、メタリックな光る服に身を包んだ男2人を目撃。2人はかがみ込んで何か大きな物体を見ていたが、目撃者に恐れをなして巨大な空飛ぶ円盤に飛び乗ると、円盤は回転しながら空に上っていった。男性がCIAに証言したところによると、飛行物体は全体がコマのように回転し、緩やかに上昇していったという。
男性は夢かとも思ったが、飛行物体が着陸した地点には地面に円環状の跡が残っていたという。
一方、こうした現象に懐疑的な人は、1953年に発見されたとするUFOについて、科学者から成る諮問委員会が作成した書類を見れば、自身の主張の裏付けとなるだろう。

この文書によると、諮問委員会のメンバーは、1952年から寄せられていた複数の目撃情報について、信頼できるデータや合理的な説明がないことをめぐり議論。UFOの目撃情報が国家安全保障上の直接の脅威につながることを示す証拠は存在しないとの結論を、全会一致で下した。「空飛ぶ円盤」や「光る球体」については、軍用機や氷の結晶に反射した光などにより説明できるとしている。

《維新嵐》 結局少なくともCIAは、UFOの不可解な目撃や得体のしれない方がたとの接触がみられたとしても積極的にUFOの存在はもとより地球に住む人類以外の知的生命体の存在さえも認めない、ということのようですね。

0 件のコメント: