【UFOテクノロジーは軍事機密】〈1979年のダルシー戦争の悲劇〉技師フィル(フィリップ)・シュナイダー氏の内部告発

 一連の1979年の特殊部隊による「反乱グループ」鎮圧の時は、カステロ氏はあやうく難を逃れるものの先にあげた「ダルシー文書」と呼ばれるダルシー地下基地の証拠物件となる資料をもってまもなく脱走することになる。

〈内部告発者フィル・シュナイダー氏について〉

 地質技師兼構造工学技師。軍事、航空宇宙産業の土木建設プロジェクトに参画し、軍用地下基地も2ケ所手がけたが、最初に参加したのが1979年、ダルシー基地の拡張工事だった。ダルシー戦争の時に、カステロ氏と同じ地下基地内にいたが、別の場所にいて戦闘に巻き込まれ難を逃れる。

1995年シュナイダー技師は、内部告発者として名乗り出た時に講演会で述べている。

「ダルシーの軍用地下基地はおそらく全米最深の基地で、地下7階で4㎞以上ある。それをさらに深く拡張するために我々は、1979年砂漠の下を4ケ所ドリルして、大きな穴をあけ、それを地下深くでつないで爆破して、大きな区画を一度に開けるつもりだった。私の仕事は穴に降りて、岩質を調べ、その岩石の処理に適当な爆薬を勧める役目だった。ところが、そこへ頭から降りていったら、我々は地球外のエイリアン、大柄なグレイの連中であふれた大きな洞窟のど真ん中に出てしまった。
 私は二人撃った。我々はその時30人だった。戦闘が始まってから、さらに40人以上降りてきたが全員殺された。生き残れたのは、私を含めて3人だけだったそうだ。
 我々は地下基地で暮らしていたエイリアンをすっかり驚かせてしまったのである。後日彼らは、大昔からこの地球で生きてきた種族だと判明した・・・」

〈ダルシー戦争の実相は反乱グループの武力鎮圧だった〉

 おそらく特殊部隊を送り込んだ軍当局の狙いは、「反乱グループ」が武装し、また彼らが囚人解放のために地下7階を封鎖する場合に備えて、外部から不意打ちに爆破、侵入することだった。
 そこで「拡張工事」を名目にして、シュナイダーたち外部者に侵入口の掘削、爆破を手伝わせ、反乱者の掃討戦を偽装したもの、という仮説が成り立ちそうだ。
「拡張工事」にきた技師なのに最初から銃をもたされていたらしいこともこの説なら頷ける。
 「ダルシー戦争」に相当する軍事衝突があったことは、ベネウィッツ博士も話していた。
 エリア51S4にいたと主張するロバート・ラザー博士もラスベガスの有名なUFOラジオキャスターのインタビューに答えている。
1988年にエリア51S4UFOの研究を始める前に、予備知識に読めと200ページもある概況説明書を渡された。その中に1979年にどこかの秘密基地でエイリアンと人間の武力衝突がおきた、と書かれていた。
 衝突の原因は、人間の保安警備員がエイリアン地区で武器を手にしたのがきっかけで撃ち合いになり、エイリアン保安要員に多数の死傷者がでたという。」

 地名は言及されていないが、1979年におきた人間とエイリアンの保安関係者の撃ち合いという点は、「ダルシー戦争」に合致している。


ダルシー関連動画
アブダクション異種交配計画 UFO科学大学院

アブダクションの科学研究 NGO未来大学院

オリオン政府と米SEG政府と」の密約


0 件のコメント: