【UFO地球内部起源説】宇宙連合と銀河連邦

宇宙連合と銀河連邦

銀河系は、12のセクションに分けられている。


我々の太陽系は、そのうちのセクター9に属しているが、その範囲は広大で、同じセクター内には他に数百の太陽系が含まれているといわれる。


《宇宙連合》

(中丸薫氏がコンタクトする)クゥエンティン氏が所属する組織で、彼はそこで地球を守る任務を負っている。彼の主な役割は、地球から適応者を選び出し、その人物を宇宙領域まで連れていって、そこに地球人の意識外の別の世界があることを「体験」させることであるといわれる。
 このようなある意味ショック療法的なことを行う理由は、根本的な価値観のシフトを行う必要があるからである。それが可能な資質のある者を選び、その者だけに「体験」をさせることで、本当の人類の目標とは自己開発にあることを自ら悟らせるのである。


【バシャール2016】宇宙連合【最新】 
2016/08/06 に公開 銀河連邦政府などについてバシャールが語っています。 https://youtu.be/aQHGYiN4kmY

《銀河連邦》

 銀河と太陽系を監視し、その発展に干渉しようとする外部の(宇宙人からの)侵略行為から守る任務を担っているといわれる。銀河連邦は、宇宙連合とは全く違う組織である。
 なぜなら地球には、人類を含めた豊富な資源が存在するからである。
1952年に地球で核兵器の開発が相次ぎ、宇宙的にも危険な状態になったため、銀河連邦が最初にコンタクトをとろうとする。

〈銀河連邦のピコ氏〉

 地球とは全く違う星の出身。地球を守るために働いてくれている。半霊半物質の存在である。(半分は霊体ということ。)実際に地球上で物を動かしたり、直接人間に指示したりという具体的なことはできない。あくまで霊的な波動を送ることで、人間の「気づき」を誘い導いていくという方法をとっている。

〈アシュター・コマンド(司令部)とは?〉

司令官アシュターと主サナンダ・クマラの霊的な導きの下に存在する「光の偉大なる聖職者団(グレート・ブラザーフッド/シスターフッド)」の空挺部隊である。
 彼らのUFOの基地やUFOは確かに存在する。地表人(地球人)が視認しようとするなら「波動」を彼らの発する波動に合わせないといけない(無線チューニングと同じ)。」
 彼らのUFOは、「エーテル物質」でできている。
地表世界では、認識不能の物質であるが、彼らの世界では、十分に現実的なもので、固体で存在している。

我々地表人が、彼らの波動に合わせれば、それを関知した彼らは、自分たちの波長を3次元の波動に落とす。それにより姿を現すことになる。


(引用文献:『UFOと地底人』ついに明かされた異星人と空洞地球の真実 中丸薫著 Gakken

これからの地球着陸に備えてー銀河連邦の任務と組織 
https://youtu.be/afWEUhknfSM
2016/10/02 に公開 これからの地球着陸に備えてー銀河連邦の任務と組織 銀河連邦は4,500万年以上前に闇の勢力と戦うために設立されました。 http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/35b9... 銀河系全体に及ぶ600以上の文明で構成され、司令部はリラ星雲とアルシオーネ星系に置かれています。私たちは地球文明の最初から皆さんを見守りずっと導いてきました。 その間私たちのス ペースシップはずっと皆さんの惑星の上空を飛行してきました。それを皆さんはUFOと呼んでいます。 しかし、多くの皆さんが真実を受け入れる用意ができて いないために私たちは皆さんと交流することができないのです。皆さんが私たちの存在を知らずにきた責任は闇の勢力にあり、彼らは地球外生命体が邪悪であるという宣伝を広めてきたのです。 まだ皆さんの多くが私たちを受け入れる用意ができていないのはわかっていますが、もしすぐに私たちが姿を現さな ければ、闇の勢力の奴隷状態から皆さんを解放することができないのです。そこで創造主の許可を得て、地球全域に着陸する決定をしました。その 時にはもう私たちの実在を否定する者はいなくなります。 アシュタルの任務を遂行している存在たちは、高次元の指導者達です。新エルサレムの最高司令官はサナンダで、 イエスの進化した姿です。 銀河社会には組織分裂と組織間の抗争は存在しません。中心にアシュタルコマンド(銀河連邦司令官)がいて、その周囲に太陽系スピリチャルハイアラーキー・銀河系惑星連合・次元間連合が一体となって活動しています。 多次元宇宙の各次元に光の勢力が配置されていてその中心でアシュタル司令官が指揮をとっています。アシュタルコマンドは地球が属する銀河系宇宙の最高司令官なのです。  

【宇宙連合&銀河連邦関連リンク】

0 件のコメント: