機密解除されたアポロの通信記録

機密解除されたアポロ計画の通信記録


月面も地球と同様にこだわりの地名がつけられています。

モルトケ・クレーター

 2016年にNASAがアポロ計画の「データ記憶装置=DSE」(通称ブラックボックス)
に封印されていた会話の記録を開示した。これは機密扱いされていた地上の管制センターとの交信中断中、月の裏側で交わされた宇宙飛行士たちの私的な会話である。

 驚きべき会話記録は、月の裏側を周回中のアポロ11号の船長(CDR)アームストロング、司令船操縦士(CMP)コリンズ、月着陸船操縦士(LMP)オルドリンの打ち上げ後、80時間2018秒の会話記録である。

03:08:20:18:LMP
「あれはすごいクレーターだな。」
03:08:20:42CMP
「あの円錐形の物体の中ほどみじめな場所は、ほかにないだろう。」
03:08:20:50:CDR
「あそこにいる人間たち、どうやっても外には出られそうにないな。」

つまり「人間の捕虜をみた。」ということだろうか。宇宙飛行士以外に月面に人間が「異常な」形で存在したという会話だが、事実である。
 そのアポロ11号であるが、CMPは数回軌道を回ってからモルトケ・クレーター付近を通過した際に、道路を確認したとも話している。
 またアポロ14号のシェパード船長らは、打ち上げ後84時間2239秒には、採掘場を確認している。

03:12:22:39:LMP
「とても興味深い。どんな風に見えるか、って?そう、右側がゴツゴツして複雑な構造で、中央にはその頂点がある。」
03:12:23:37:CMP
「真下のあれは、写真にするとかなり大きく写る。強いて言えば、あれは採掘場だ。」

 月の海には、チタンやジルコニウム、ベリリウムなど貴重なレアメタルが豊富に含まれているが、既に「先住者」によって採掘されている。2009618日に打ち上げられたルナ・リコネイサンス・オービターが、アリスタルコス台地を採掘稼働中のマシンを撮影している。


 アポロ宇宙船到達以前から、月には「先住者=異星人」が存在している。それも「人間を捕虜にする。」など行って活動しているのだろうか?

アポロ11号がみた「ベイビー」
 人類初の月面着陸という偉業を成し遂げたアポロ11号は、月着陸の前日に、月の周回軌道上でUFOに遭遇していた。
 最初の発見者は、オルドリン飛行士である。窓の外をのぞくと司令船を追走する物体に気が付いた。この事実に3人が途方にくれていると、同時にいくつもの光が彼らを追い越し、やがて巨大な光物体が現れた。その形状はL字形であった。飛行士たちが追い越された際にシリンダー状の物体が回転しているのを確認したという。間違いなく地球製のロケットではない。彼らは月に降り立つ前に、異星人たちの「洗礼」をうけていたのである。
 だがそれも序章にすぎなかった。
月に着陸した3人の前に、巨大なUFOが現れたのである。この様子を地上に伝える通信記録も残っているが、アームストロング船長が「サンタクロース」という暗号を忘れていることから、いかに動揺していたがわかる。
「ここのベイビーたちは、どれも巨大でバカでかい。信じられない。私は別の宇宙船がいることを報告している。クレーターの向こう側の縁に、はびこるように並んでいるんだ。奴らは月面で監視している。」
 このときアームストロング船長は、「奴らがもう来ている。」とも発言していることから、眼前のベイビーとはまちがいなくUFOであった可能性が高い。
 このときヒューストン管制室は、「彼ら」に近づいてはならないと指示をだし、その5時間後に敵対意思のないことが確認され、ようやく月の大地に降り立ったという。

 実は緊急通信を含むアポロ11号のミッションは、ソビエト側にも傍受されており、その責任者であったソビエト連邦科学アカデミー海洋学副会長のウラジミール・グオルギビッチ・アジャジャが、1977年に行った講演会で、冷戦下では知りえるはずもない、一部始終を語っている。アジャジャ氏によれば、「ベイビー」の形状は、プレート型、オルドリン飛行士が映像に残したはずだというが、当然ながら機密扱いされているのか公式には発信されたことはなかった。





【参考引用文献】
『月の都市伝説』並木伸一郎氏推薦 株式会社学研プラス

0 件のコメント: