ジャーナリスト矢追純一氏かく語りき ~TV報道について~

UFOがありえるかどうかはアンタが決めなよ」

〜矢追純一氏が伝えたいこと~

·         BLOGOS編集部20160508 07:58http://blogos.com/article/174599/  【大谷広太/永田正行、撮影:野原誠治】 



■矢追純一プロフィール


(やおい じゅんいち)717日[ノアの箱舟がトルコのアララト山に漂着した日、つまり人類の始まりの日]生まれ。かに座。
中央大学法学部法律学科卒業。同年4月日本テレビ放送網()入社。日本テレビ時代は「11PM」「木曜スペシャル」などを担当し、UFO及び超能力番組のディレクターとして活躍する。日本テレビ退職。「宇宙塾」主宰、宇宙科学博物館コスモアイル、名誉館長、()スペース・ラブ取締役。 
 現在、「{宇宙塾}を中心に、地球環境問題、UFO問題等、フリーのディレクター、 プロデューサーとして、テレビ、ビデオやラジオの番組制作、 及び出演で活躍中。さらに、著述、講演、レクチャー、そして取材などで世界中を奔走。 

※結構楽しいサイトですので日常から離れて刺激がほしい、ありきたりなニュース報道にうんざりした方には訪れてみる価値はあるかと思います。
矢追純一のUFOXファイル
※古いサイトです。

■視聴率というのは「ある特殊な分野を見たい」人たちを捕まえること

ー私も「矢追純一スペシャル」を見て育った世代ですが、90年代半ばごろを境に、やはり不確かなものや科学的な説明が難しいものを扱う機会が減っていったような気がしています。
 
 難しい質問ですね。難しい質問というのは、いい質問という意味です。これには、ものすごく色々なことが絡んでいると思うんですが、人々に精神的な余裕が無くなっているということは間違いないと思います。その要因としては、大災害の発生や、経済の逼迫があるし、テロの流行もあるでしょう。 
 仕組み上、テレビという産業にはあまり先がないんですよ。売っているものが時間だから、言ってみれば1日24時間しか売るものがない、他の産業はどんどん拡大再生産することができるけど、テレビにはそれができない。 
 そういう中でマスコミが果たす役割の中には、"人々を元気づけ、明日に希望を持たせる"ということも含まれているんだと思うんです。「社会の木鐸」であるということには、そういう使命もあると思っているんですが、そこが抜けていますね。 
 一般大衆は、どうしてもマスコミに左右されてしまう部分があるんですから、マスコミは世の中を引っ張って行かねばならない。それがどっちかというと迎合して、視聴率を稼げばいいや、というところに行っている気がしますね。問題は何が面白いか。そこが迎合的になってしまうと、お互いレベルが下がって行っちゃうんですよ。 

「いい番組を作りたい」とみんな言うけれど、何がいい番組なのかがわかっていない。みんなの「つまらねえからテレビ見ねえ」、という声を、作り手の側が汲んでいるかというとそうでもない。今はそういう状況ですね。 
 テレビ業界は、まだオールラウンドなものを好みますが、今や個人の趣味に合わせていく、というものが社会の風潮でしょう。みなオートクチュールで同じ格好をするというのではなく、個性的で、高くても好きなものを買う、「みんなと同じものじゃ嫌」という時代。そこにマスコミは追いついていないと思う。だから依然として、オールラウンドに受けるものを作ろうとしているんだろうね。 
 そんな中で、視聴率は稼がないといけないし、2〜3歳から100歳まで、みんなに見てもらわないといけないと思うと、常識的な、当たり障りのないものが出来るんですよ。でもそれは逆で、視聴率というのは、ある特殊な分野を見たい、と思う人たちを捕まえることだと思うんです。 

■いざ目の前に宇宙人がきたら、気絶しますって


—そう考えると、矢追さんの番組は、ニッチといえばニッチだったかもしれません。 
矢追純一のUFO特番って、エキセントリックなんだよ。常識的でない、みんなに受けようとも思っていない。好きな人だけが見た。でも、好きな人がめちゃくちゃ多かったんだね。 
 ああいうことをなぜやっていたかというと、世の中には非常識なことの方が常識的なことよりも多いし、まだ科学で解明出来ていないことのほうが多いわけでしょう。でも、マスコミというのは、そういうものは存在しないと最初から決めつけているから、もっと常識的でない分野をお届けするのも、マスメディアの使命じゃないかなと思ったんだよ。だから、オカルトチックなことばかりやってきた。 
 オカルト的ということは、"反常識"ではなく、"非常識"だということ。ユリ・ゲラーやネッシーも含めて、こういう世界もあるんだよと知ってもらいたいと。 
 確かに、みんなが同じ方向に行くってのも、社会的には悪くない。でも、個性がなくなったらまずいでしょう。 
 空を見ると、いままでの自分の閉じ籠っている狭い世界がちょっと開けるんじゃないかと。空は広いでしょう。星を見上げると、すごい世界があるんだな、自分はくだらないことに悩んでいるな、と気がついてほしいなと。そういうコンセプトは今も変わっていない。 
 色んな人に、自分が思っているのとは違う世界があるんだと。言い換えれば、自分の選択肢は無限にあるということを忘れて、視野狭窄になりやすいから。恋愛なんてその最たるものでしょう。思いつめると集中しちゃって、「他に女は居ない」と思っちゃうんだよ。端から見れば「そんなことありえないでしょ」って(笑)。 
 僕だって、UFOで生きてるわけではない。生きていく上でのちょっとした些細な出来事なんですよ。"矢追=UFO"って思われてるけど、俺は人間なんだよって(笑)。 
 だから実はUFOにも、そんなに重きを置いていないんです。「あっても無くてもいいじゃん、そんなものは」と。それに囚われることが、まさに狭い世界に閉じこもることになるんだから。「世の中、いろんなことがあるんだよね」、それを伝えるというのが、僕のコンセプトですよね。 

実際問題、宇宙人を見たいとかみんな言うけれど、見たら嬉しいかもしれないけれど、他にもいくらでも面白いことはあるでしょうと。いざ目の前に宇宙人がきたら、気絶しますって。本当に来たら嫌なんだよ。遠くからチラチラしててほしい。「あれは飛行機かな?UFOかな?」って言ってるときが一番楽しい。第一、UFOが生活に影響があるかもしれない、と考えている奴はいないんだよね(笑)


■「UFOがありえるかどうかはアンタが決めなよ」


ーテレビ局へのクレーム多いと聞きますし、ネットではしばしば"炎上"も起こります。 

僕の頃もあったね。そういう意味では、今は"ひ弱"だね。作り手たちに芯が通っていない。番組が終わったら電話かかってきて、間違って取ると、「あんな、根も葉もない事を公共の電波で流しやがって」と言ってくる。 

 「ありえるかどうかはアンタが決めなよ、俺のところに怒鳴ってきてもしょうがないでしょ」
 「てめえこの野郎、社長出せ!」
 「お前が社長に直接電話すればいいじゃねえか、おれはお前の小間使いじゃねえよ!」
 「今から行くからな、たたじゃおかねえからな!」
 「早く来いよ!待っててやるから!」
なんて会話がよくあったね。
あとは、「子どもが怖がって、トイレに行けなくなった」とかね。「お前、親だろ。親なんだったちゃんと自分でやれ、こっちに持ってくるな」と言い返したこともありますよ。 

■見てるからこそ「あんな番組くだらねえ」と言える

ー正しい答えを用意しないといけないというか、判断を視聴者に委ねることをしない番組作りが増えた、ともいえますか。 

受け手というのは、テレビであれ、そのほかのメディアであれ、基本的に"参加"したいんだよ。学校がつまんないのは、先生が一方的に情報よこして暗記しろという世界だから。 
 番組でも本でも、全部提示してしまうと、送り側の一方的な考え方になっちゃうわけだよ。そこにお笑いを入れてごまかしてもだめ。だから、見てる方は、一応笑ったりするけど面白くはない。参加する要素が必要だと思う。 
 だから、矢追純一スペシャルなんて、毎回、決着ついてないでしょう? 

ー確かに、最初から最後まで予告編みたいな…(笑) 

気づいたら終わってた、でしょ?あれは、"自分が参加してたから"なんですよ。 
 アメリカに取材に行くときも、スタッフは自分入れて5人いないくらいだった。それ以上になると車が2台になって、必ず迷子になる。通訳もタレントも一切連れて行かない。間に入れると面白くなくなるからね。いきなり行って、ホテル探して、レンタカー借りて俺が運転していく。取材先の場所もよくわからないから、探しながら行く。その過程も全部カメラを回す。ドアをノックして、家に入っていくところも撮っている。座って話し始めて初めてから照明が当たる。 
 あれは、全部カメラ1台で撮っていたんですよ。つまり、僕の視点。見てる方もカメラに同調して、一緒に取材に行っている気になるんだね。カメラを2台も3台も使うと客観描写になるからダメ。 
 そういう風に作っていくと、俺のワクワク感、新鮮さが伝わるんだよね。だからみんなが面白かったんだと思う。 

ー視聴者も取材する側になっているわけですね。 

 取材した結果をみせてもらってるのではなくて、自分が取材者になっている。他にも番組はいくらでもあるのに、あれから何年経っても「あれ面白かった」と言ってくれる。最後まで次どうなるんだろうって。翌日みんなで「あれはどうだった」「なんだ、見てないの?」と議論する。そういう番組を、一番目標としなければならない。 
 見ている側が参加している気持ちになって、さらに他の人と意見戦わせるくらいじゃないと面白くない。「あれはおかしい」とか「あんな番組くだらねえ」でも良い。そんなことは、見てないと言えないんだから。「こんなくだらない番組」ってクレーム言って来た奴にも、「お前最後まで観ただろ。観るなよ」って言い返してた。 

ーあえて「作りこまない」という方法を取っていたというのが意外でした。 

僕自身は、前もって番組の構成を立てたり、予測を立てたりことが苦手だし、予定調和を嫌っていたから、何にも考えていない。事前の研究も調査もしなかった。それをやっちゃうと、固定観念でものをみてしまうようになるし、新鮮さが無くなっちゃうんです。10年も付き合った女と会うようなもんだよね。だから番組構成なんてない。最初に行く一箇所だけ決めていく。ひらめきでね。そこから、色んなことが起きてくる。 
 インタビューもそうなんだけど、いろいろ調べて行っちゃダメ。相手が総理であれ、何も知らないでい行った方が、「こういうおじさん・おばさんだったんだ」という驚きがある。質問も、前もって決めた質問ではなく、その場で思いついた質問をぶつけて行ったほうが、答える方も意外なことを言ってくれちゃう。もう一つは、聞く側が喋っちゃダメ。 

ー…はい。今日は事前に質問を用意してしまいました。 

予め調べちゃうと、質問が限定されちゃう。それ、ネットで引けば出てくる、ということになってしまう。黙って聞いていればいい。そうすれば思いがけないことがいろいろ出てくるわけね。 

ー他にも、メディア人たちに物申したい!ということはありますか? 

全然。みんな、勝手に生きていきゃいいと思ってるから。「正しい」と思うことは、ひとりひとり違うからね。 
 多くの人が陥りやすい錯覚は、自分が正義だと思うこと。だから喧嘩になる。自分の考えなんて、所詮は自分の中だけのことなんだから。他の人の考える正義はそうじゃない可能性の方が高い。それで批判するのは間違い。それぞれの人が思う正義だったり、行くべき道だったりするわけで、こうしたほうがいいってことを提示するってことは無理。 

ー今、テレビ局はみな苦戦していると言います。 

みんな問題点を分析するでしょう。組織の問題、予算の問題…全部言い訳なんだよね。男は言い訳するなと。 
 「なんでそうなった?」と聞かれたときに、「実はこうで…」と言うけれど、じゃあマスコミとして、視聴者ひとりひとりにそれが説明できるかと。そんなこと無理なんだから、それぞれが自分のベストを尽くすしか無いんだよね。でも、すぐ人のせいにしたがる。 

結局、「今どうしてテレビがつまんないんですか」っていうと、「いや~組織的に」とか「カネがないと上司が言うから」とか、そういう言い訳じゃなくて、その制約の中で自分なりにジャーナリストとしてベストを尽くすだけなのであって。 
 僕も、ただのジャーナリストでしかないんですよ。ジャーナリストとして伝えるべきことを伝える。けれど、それは常識に囚われるのではなく、その間口を広げるっていうことなんです。 
 だから、こういう風にすると面白いとか、こういう風にしたらいいんじゃないか、なんてことも言えない。そこに携わっている人それぞれが決めること。 

「私はこういう風にやりたい」というものがあればそれでいい。「ウケよう」とか、「視聴率取れそう」とか考えるからおかしくなる。そうではなく、自分は何をしたいのか考える。それが無いから人のせいにする。みんな、生きることすら責任を負いたがらないからね。 
 それで、参考にしないくせに人に教えてくださいとか、そういうこと言うんだよな。本当に参考にするくらい信用しているのか?と。信用してないんですよ、どいつもこいつも。そのくせ知りたがる。自分に思いが無いなら、聞いたって意味が無いんだよ。 
 自分の人生は自分が決めるものなのに、決められないんでしょ。日本という、環境がいい国に生まれてしまったものだから、ついなんとなく来ちゃった。自分の生き方はどうあるべきか、自分で築いていくんだということすらも考えたことがないんだよね。 

ーありがとうございます。とても刺さりました。 





【矢追純一衝撃手記】

僕が40年追い続けたUFO極秘文書のすべ

矢追純一(テレビプロデューサー、ジャーナリスト)

 米国防総省が2007年から5年間にわたって、「UFOの調査をしていた」と報じられたことが話題になっているようだ。だが、今さらの感がぬぐえない。米国の公的機関がUFOを調査していることは、とうの昔に明らかにされているからだ。

 1978年、米中央情報局(CIA)が市民団体に訴えられる事件が起こり、アメリカでは大きな話題になった。裁判は、「CIAがUFOに関する極秘文書を隠している」ことをつかんだ市民団体によって起こされた。

 被告のCIAは、当初「UFOの存在は認めていない」ので、「極秘文書などはない」と主張していた。しかし、連邦裁判所は最終的に「CIA敗訴」の判決をくだしたのだ。CIAは、しぶしぶながら「ない」といっていたはずのUFO極秘文書を935ページにわたって提出した。
 そこには、米軍の最重要軍事基地が次々にUFOに侵入され、手も足も出なかった事件が軍の報告書として多数記録されていたのだ。ミシガン州ワートスミスAFB(空軍基地)をはじめ、メイン州ローリング、モンタナ州マームストロムなど、何州にもわたって、空軍基地がUFOに上空侵犯された事件が数多く報告されていた。

 僕が現地調査した中で、最もエキサイティングな事件をご紹介しよう。

 ニューメキシコ州カートランド空軍基地の司令官、エドワード少佐が空軍に提出した報告書によると、「1980年8月8日深夜、マンザノ兵器庫エリアを警備中のラス・カーティス警備兵が、兵器庫の裏に強い光を発見、近づいてみると大きな円盤状の物体が着陸していた。応援を呼ぼうとしたが、なぜか無線が通じなかった。カーティス警備兵が、ショットガンを構えて、恐る恐る近づくと、物体は突然飛び上がり、アッという間に消え去ってしまった」とされている。

 空軍の報告書にはさらにもう一つの文書が添付されていた。
 
「事件を詳しく調査するため、特別調査部のリチャード・ドウテイ少佐が、カ-ティス警備兵を厳しく尋問した結果、事実であることが判明した。ほかにも、同物体が上空を飛びまわるのを、3人以上の兵士が目撃していることがわかった。カーティス警備兵および、ドウテイ少佐が宣誓供述書にサインして、事実を認証した
 カートランド空軍基地は、全米でも最も重要な軍事基地の一つで、基地内には空軍兵器研究所や核兵器研究所など、機密施設が散在している。その重要機密基地が、UFOに着陸までされて、何ら防衛も攻撃もできなかった。これは、アメリカの国家安全保障上、重大な問題であるはずだ。


だが、相手がテクノロジー的に、あまりにも優れているため、手の施しようがない、というのが現実なのだ。

 しかも、これらの文書はすべて、軍の正式報告書で、ウソやでっち上げの余地はない。この事件だけでも、米軍部がUFOの存在と脅威をハッキリと認識している証拠と言える。さらに、CIAは、この裁判で「実は、まだ、57件の極秘文書を隠している。が、公表すると、国家安全保障上、重大な問題が生じるので、差し控えたい」と申し立てた。

 実は、この裁判は「情報自由法」に基づいて起こされた。情報自由法というのは、「政府は、市民からの要請があれば、どのような、秘密文書でも公開しなくてはならない」という法律だった。しかし「もし、文書の内容が国家安全保障上、重大な支障をもたらす場合は、その限りではない」という免責条項がついていた。

 CIAは、この条項に基づいて、非公開を主張したのだ。裁判官は、当然、その文書に眼を通したうえで「公開しなくてもよい」という判決を下した。とすると、そこに書かれていた内容とは、どんなものだったのだろうか。UFOに関して、「公表すると、アメリカの国家が揺らぐようなこと」とはいったい何だろうか

 推測するしかないが、ロズウエルその他の地域で墜落したUFOが回収された後、現在どこに隠されているかと、その分析結果、乗っていた宇宙人の遺体の保管場所と鑑定結果、彼らがどこから来ているか、などに関する記述が考えられる。
 言い換えると、軍部は、それらの情報を握っていながら、隠しているということなのだ。このCIA裁判に触発されて、空軍、海軍、FBI(米連邦調査局)、DIA(国防情報部)、NSA(国家安全保障局)など、いろいろな機関から、UFOに関する報告書が続々と公表されてきた。
 
 その中の一つにFBIの極秘テレタイプがある。FBI長官に宛てた、ワシントンのSAC(戦略空軍司令部)のガイ・ホッテル氏という情報将校からの緊急電報で、1950年3月22日付けになっている。 

「現地調査をした、✖✖✖(名前が、墨で黒く塗り潰されている)によると、ニューメキシコ州に3機のUFOが墜落し、回収された。UFOは直径約50フィート(15メートル位)の金属製の円盤で、中央がドーム状に盛り上がっていた。内部には、それぞれ3体ずつの、人間に似た小さな生物の遺体があった。身長およそ3フィート(約90センチ)キメの細かい金属繊維で出来た優美な服を着ていた。彼らは、テストパイロットが着るような、失神防止用のシートベルトのようなもので固定されていた。UFOが墜落した原因は不明だが、この地域の基地が一斉に、強力な軍用レーダーでUFOを追跡していたため、UFOの推進機関になんらかの故障が発生し、コントロールを失ったせいではないかと推測される。詳細は、後日

 相手がFBI長官であること、差出人が戦略空軍司令部の情報将校であることなどを考えると、この内容が、単なるウワサ話やでっち上げなどである可能性は低い。とすると、米軍部は少なくとも、3機のUFOと、9人の宇宙人の遺体を確保していて、どこかに隠していることになる。


また、在イラン米大使館付き武官のマッケンジー将軍から、米国防総省情報センター宛てに送られた極秘テレックスも公開された。だが、これも興味深い。

「1976年9月20日未明、イランの首都テヘラン上空にUFOが出現。市民の通報により、現地空軍司令官も肉眼で確認、基地のレーダーでも捕捉された。直ちにF4ファントム戦闘機に緊急発進を指令、数分後、テヘランの西方75マイル上空でUFOを確認した旨、報告が入った。
 パイロットによれば、UFOはボーイング707型給油機と同じくらいの巨大な円盤で強烈な光を発しているため細部は確認不能。半径25マイル以内に接近しようとするたびに、UFOは猛烈なスピードで遠ざかり、再び我々が接近するのを待って、また逃げるという不可解な行動をとっているとのこと。さらに、銃撃手がM9ミサイルの照準をUFOに合わせ、ロックしたところ、すべての電気系統が停電状態になり、ロックを外すと、元通りになるという奇怪な現象が起きているという。
 ある時UFOから小さな光体が飛び出し、急速に接近してきた。攻撃されたと感じた銃撃手は、慌ててミサイルの引き金を引いたが、その途端、再び、すべての電気系統がブラックアウトし、弾丸は発射されなかった。パイロットはパニック状態に陥り、とっさにネガテイヴGダイブ(緊急降下回避措置)をとり、衝突を免れた。機体が下を向き、ミサイルの銃口がUFOから逸れたとたん、電気系統は元通りに復活した。その後、小さな光体はUターンして、もとの巨大なUFOの中に戻ってしまった。F4ファントムの燃料切れが近づいたため、基地へ帰投しようとしたが、パイロットはUFOの強烈な光のため、一時的な失明状態になり、基地の滑走路が肉眼で確認できなかった。
 そこで、司令部から、しばらく上空で旋回待機するよう指令が出された。UFOは、このF4ファントムを見守るように、すぐ後ろについて、無事着陸するまで、一緒に旋回飛行を続けた。この間、地上の将兵たちによって、肉眼でUFOが確認され、基地および、機上のレーダーによっても確認された」
 非常に長いテレックスだが、UFOの動きと迎撃した戦闘機の乗組員たちの行動が詳細にわかる。電文はさらに続く。
 
「UFOは、F4ファントムの着陸を見届けると、遠ざかりはじめた。ただちに、別のファントムが発進、追跡したところ、UFOから、再び小さな光体が飛び出し、今度は地上に向かって激突せんばかりのスピードで落下していった。だが、光体は、激闘する代わりにふわりと着陸し、半径1・5マイルに亘って強烈な光を放射した。パイロットは、さらに近づいて状況を確認しようとしたが、接近するたびに機上の全計器が異常を起こし、無線も交信不能になるため、危険を感じて、いったん基地へ帰投することにした。翌朝、その地点へ軍の調査隊がヘリコプターで向かった。その報告によると、現地付近の住民は、昨夜UFOらしい怪しい光と『ビービー』という不気味な音を耳にしたという。着陸地点にもっとも近いところには、一軒の小屋があり、一人の老人がいた。現場付近の放射能検査をしたところ
 残念ながら、この後の電文が削除されてしまっている。ここには、事件の様子が非常に詳細に述べられている。特にUFOの行動が非常に興味深い。


我々の最新鋭ジェット戦闘機を子供のように扱い、からかっているかと思えば、基地へ帰ろうとする戦闘機をエスコートするかのように、ついてきて、無事を見守っている。翌日のUFOの行動は謎だが、この後、なにが書かれていたのかも気になる。

 僕は、この事件を分析したDIA(国防情報局)の情報分析担当官、ローランド・エヴァンス少佐にインタビューしていた。

 少佐は「このテレックスは第一級の、信頼がおけるUFOに関する極秘文書です。まず第一に、軍の最高官である、将軍からのものであること。次に基地の将兵たちが肉眼で確認し、基地と機上のレーダーが同時に確認していることです」と、言っている。

 これらの公開された公文書には、トップシークレットなどの記述と、情報自由法にもとづいて「✖✖✖の部署から公表された」と書かれた日付入りの印が押されている。従って、密かに盗み出されたものでも、ニセものでもない。

 このように、数多くの事実が、公文書によって明らかにされているにもかかわらず、今さら改めて、「UFOの調査をしている」と公表する意図はどこにあるのか。

 これも推測の域を出ないが、トランプ大統領の政権でのゴタゴタを国外、つまり、宇宙のUFOに眼を外らすことでゴマかすという、よくある政治的手法なのか。それとも何十億円もかかったという莫大な費用に対する言い訳の一環なのか、わからない。

現在もUFO研究を続ける矢追純一氏


 軍事機密というベールに包まれた真相は、通常、我々庶民のところには、絶対と言っていいほど漏れてくることがないのだ。世間では、僕のことをUFO好きとか、宇宙人好きとか言っている人もいる。でも、正直いってそんなことはどうでもよい話。そんなことより、僕はジャーナリストとして、この証言をテレビの「特番」というかたちで何度も暴露しただけなのだが

〈管理人矢追氏評〉矢追純一氏は、アメリカという超大国における異星人とETVというトップシークレットの国家機密の問題に真正面からディレクターという視点からむきあってきた人物ということだけははっきりしています。単なる「UFOミステリー愛好家」ではありありません。超大国におけるインテリジェンスのあり方と機密性、重要性をまざまざと感じとることができます。どの国家も他国に知られたくないようなインテリジェンスという「機密」は存在するのです。異星人やETVはもはや信じるか信じないか、というレベルにありません。一つの国家の国益に密接すること、人類の存亡に関わることであるのです。


《矢追純一関連リンク》

矢追純一オフィシャルサイト
僕たち知らないことだらけ 矢追純一オフィシャルブログ
矢追純一監修「Encounter」
矢追純一メルマガ「エンカウンター・遭遇」
矢追純一フェイスブック

《動画》

矢追純一さんに「UFOや宇宙人の真実」を聞いてみました!

2014/12/06 に公開




宇宙人についての一般公開にむけての世界的な動き
NASA設立の驚愕的な事実!?




矢追純一が語る!TVでは言えないUFOと宇宙人の見つけ方
2016/05/14 に公開


テレビでは言えないUFOと宇宙人の衝撃的事実です。何よりもラストが衝撃。

矢追純一が語る!TVでは言えないUFOと宇宙人と出会った時の対処法
2015年5月15日


「もう本物のUFO特番は作らないんですか?」


矢追純一UFOスペシャル2017





0 件のコメント: