あらためてUFOとはなんでしょうか?

UFOの誤認
UFO目撃情報の9割は見間違いである!?

 探そうと思って空をみていても、UFOはみつかるものではない。偶然それらしきものをみつけたとしても誤認であることがほとんどである。研究者の間でも「UFOをみた。」という目撃情報が寄せられた場合には、まず疑ってかかるのが定石である。実際にUFO目撃情報の9割近くは、見間違いだという研究者もいるほどである。
 そうした誤情報の中で、最も多いのが飛行機を見間違えるパターンである。高空を飛ぶジェット機はUFOと勘違いされることが多い。しかも飛行機は太陽光や月光に照らされると地上からは翼がみえにくくなるようである。
 また飛行機が飛ぶときに発生する飛行機雲も、朝日や夕陽を浴びると、UFOと誤認しやすい物体となる。さらに夜に飛んでいる気球、金星、人工衛星などUFOと誤認しやすいものは多数存在する。中には、渡り鳥をUFOと見間違う目撃情報も存在するほどだ。
 UFOを目撃した場合は、慌てて公表してはならない。まずは、撮影を行った上で移動する様子など細かい状況を記録して専門家の判断を仰ぐべきである。
(引用文献:『最新版UFOエイリアン極秘事件ファイル』矢追純一著 2014年7月 竹書房)

巨大卵型UFOが「海を吸い上げる」瞬間が激写される! 鳥や竜巻ではない3つの理由とは?
TOCANA  (株)サイゾー

 2017123日、また新たなUFO映像がYouTubeに投稿され、世界中のUFOファンの間で議論を巻き起こしている。なんと、海で発生した竜巻のすぐ近くをUFOが飛行しているという。一部のUFOファンは、「UFOが海から海水を吸い上げる決定的瞬間」と強く主張する一方、UFOではないとする異論も多く見られるようだ。
 過去には、UFOが雲をまといカムフラージュしているとする説も一部のネットユーザーの間で話題になった。海面でまさに雲を生成しているらしい、謎の物体も報告されており、海上での目撃例は枚挙に暇がない。何やら海と密接な関わりを持っているらしいUFOであるが、竜巻と見紛うばかりに海水を吸い上げていたとは……。
 何はともあれ、早速問題の映像をご覧いただこう。果たして、UFOの新たな生態が明るみになるのだろうか!?

画像と動画はコチラから


巨大卵型UFO ①


巨大卵型UFO ②


https://youtu.be/wWwtKoIQgLI


  この動画を投稿したのは、オハイオ州に拠点を置く人気UFO動画チャンネル「secureteam10」で、動画の舞台は北アフリカ、アルジェリアの地中海沖だという。撮影者は、沖合で発生した巨大竜巻をスマートフォンで撮影している。まさかこの動画が、世界中のUFOファンから注目されることになるとは、思いもよらなかったことだろう。

■物体が通過後、竜巻は急速に弱体化するが……


 動画は、海上で発生した竜巻が海水を巻き上げる様子を克明に捉えている。うねりながら伸びる竜巻は雲を突き抜け、はるか上空にまで達しているようだ。やがて、カメラはズームを使い竜巻に寄る。すると、画面左から右へ、一瞬何かが通り過ぎる。そして、物体が通りすぎた後、竜巻は急速に勢いを失くしてしまうのだ。スロー映像で見ると、形状までははっきりしないものの、白黒の物体が画面を横切っていることが分かるのだが、……。

 これはUFOではなく、鳥ではないか!? スローで見ると、白い体に黒い翼の鳥が羽ばたいているように見えるのだ。実際、動画には「鳥にしか見えない」とのコメントが多く寄せられ、種類を特定しようとする者までいる。その一人、「Tony Alexander」は、南アメリカを除く熱帯から温帯に広く分布するカモメ科の“オニアジサシ”だと主張している。
 さらに、この動画を取り上げている「Daily Mail」(124日付)によると、動画に見られる竜巻は、暴風雨や大きな雹、稲妻を伴う、ごく一般的な陸から海へと移動するタイプの竜巻とよく似た特徴を持っているそうだ。
 単なる竜巻の近くを鳥が飛んでいただけ、という解釈が成り立ってしまいそうな雲行きだが、判断を下すのはまだ早い。投稿した「Secure Team」のテイラー・グロックナー氏によると、動画の物体以外にも、この竜巻の周囲でUFOらしき飛行物体が目撃されていたという。さらに、動画をよく見ると鳥らしき飛行物体以外にも、謎の物体が確認できるという……。

■「鳥やドローンでは説明できない」


 グロックナー氏がこの映像に映されているのが通常の竜巻ではなく、UFOによって大量の水が吸い上げられていたのではないかと考える理由は以下の3点に要約される。


1. 竜巻自体に不可解な点が多い

 通常の竜巻と違い、動画に見られる水の束は全く同じ場所に留まり続けている。さらに目撃者によると、この日の天候は穏やかな曇りで、暴風雨や稲妻などは全く見受けられなかった。彼らは、突如竜巻が発生したことを奇妙に感じていたというのだ。




© TOCANA 提供

2. 竜巻が発生する直前にも飛行物体が目撃されていた
 前述したように、UFOらしき飛行物体が竜巻を横切り見えなくなると、竜巻が急速に弱体化し消えてしまうのだが、目撃者の一人はこの飛行物体を竜巻が発生する直前にも見ていた。謎の飛行物体が上昇し、雲の中に消えてしまうと竜巻が発生したというのだ。

3. 機体後方に3つの点
 グロックナー氏によると、この飛行物体は鳥やドローンにしては大きすぎるという。さらに、映像をよく見ると、機体後方に3つの点のような物体を引き連れていることが確認でき、やはり鳥やドローンとは考えにくい。
 これらの点から、グロックナー氏は、海水は雲の上にいるUFOによって吸い上げられていた、という結論に達したのだ。また、一見鳥のように見える飛行物体の形状は、厚みのある卵型ではないか、と憶測している。ボディは光を反射する金属製で、影になっている部分が黒く見える。回転しながら飛行しているために、鳥のように見えるようだ。

 小型UFOを引き連れる巨大な卵型UFOは、母艦だろうか。とにかく、この一団が海水の吸い上げに関与していた可能性が考えられるのだ。もちろん最終的なジャッジは読者に委ねる他ない。いずれにせよ、なぜ大量の水を吸い上げていたのか等、この映像は多くの疑問を残している。今後”海のUFO”研究が前進することに期待したい。(坂井学)※イメージ画像:「Thinkstock」より

※何だこりゃ!?複雑怪奇なミステリーだな!さらに不思議な事象です。



グーグルマーズで火星に建つ巨塔(高さ6km)を発見! エイリアンの巣か、電波発信基地か!?

株式会社サイゾー

© TOCANA 提供

 グーグルアースのように火星探索を気軽に楽しめるグーグルマーズ上で、まるで巨大な塔のような、奇妙すぎる構造物が発見されたようだ。それは縮尺から計算すると34マイル(4.86.5キロメートル)もの高さの巨塔で、その下部にはなんと入口のような部分も見られるというのだ。
 もちろんグーグルマーズはNASAの火星探査機が捉えた画像やデータを利用しており、火星地表の衛星写真や地図、標高などを詳しく観察できるサービスである。世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏の運営するウェブサイト「UFO Sightings Daily」で取り上げられ、大きな話題となっている今回の発見。早速、詳細についてお伝えしよう。


■本当に“ある”! 超巨大な構造物

 この奇妙な構造物の“発見者”は、Liemee Watcher氏だ。氏は自らのYouTubeアカウントで解説動画を公開している。


 問題の構造物は、火星の南半球にあるヘラス平原の北側、テルビクレーター付近に位置している。座標(31°03'42.31" S 74°14'07.51" E)を実際に見てほしい。平地に突如として、鋭く尖った塔のような形が出現するのだ。その形状をよく観察すると、構造物の真ん中あたりから地面にかけて大きな亀裂のようなものが走っており、確かに入口のようにも見えるではないか。

■いったい超巨塔の正体は!?

 火星では、以前にも1,600メートル級のトリプルタワーが見つかったとして一部で騒がれた。しかし、今回発見された巨塔はそれを遥かに上回る高さである。では、この構造物はいったいどのような目的で作られたのだろうか。Liemee Watcher氏が主張するように、塔に走った大きな亀裂が入口であるならば、巨大なUFOも十分に通ることができるサイズと推定される。また、塔の内部には広大なスペースがあると考えられ、エイリアンの住居(巣)やUFOの基地として利用されていたとしてもなんら不思議ではないだろう。その高さを生かし、気象観測や電波発信の役を担っていたかもしれない。

 なお、スコット・ウェアリング氏は、この構造物について人工のものと見ている。グーグルマーズのデータが正しいとすると、これほどまで巨大な構造物が崩壊せずに自立するためには、非常に高度なテクノロジーが必要であることは明らかだ。いずれにせよ今回の巨塔は、これまで火星で発見された構造物の中でも、とりわけ異様なものの一つであることは間違いない。今後の調査に期待したい。(吉井いつき)※画像は「Wikipedia」より引用
火星のトリプルタワー


動画でUFOへの理解を深めてみましょう。



【新唐人スペシャル】宇宙人は存在するのか① 2010/12/09 にアップロード https://youtu.be/M6tuMRQJhLY
【新唐人スペシャル】宇宙人は存在するのか② 2010/12/09 にアップロード https://youtu.be/0LHE8KwmfUw
【特別対談】宇宙人 × 矢追純一 宇宙へ行く方法 2010/03/15 にアップローhttps://youtu.be/k62It4l1Ljo

【特別対談】宇宙人 × 矢追純一 矢追氏宇宙人について語る 2010/03/17 にアップロード https://youtu.be/bQm7MBiQmZU
【特別対談】宇宙人 × 矢追純一 矢追氏が宇宙に詳しい理由 2010/03/18 にアップロード https://youtu.be/F2WzkBoek1w
【特別対談】宇宙人 × 矢追純一 矢追氏のありがたいお言葉 2010/03/19 にアップロード 特報第4弾!宇宙人遭遇映像!! あの矢追純一が宇宙人に出会った。 https://youtu.be/h0OG_-2dSLg