【アポロ11号の快挙の裏側】アポロ計画の真相とは何か?

【アポロ計画はアメリカの国家戦略】

1960年8月 NASAより予定計画として発表される。
1961年5月25日 ケネディ大統領政権下において正式プロジェクトとなる。
※予算は300億$(約10兆円)計上され、ウェルナー・フォン・ブラウンを責任者とするアポロ計画推進チームが組織される。35万人以上の人員が参加する。

マーキュリー計画、ジェミニ計画 ~大気圏外での有人飛行
レインジャー計画 ~無人探査機の月面衝突
サーベイヤー計画 ~無人探査機の月面着陸
ルナオービター計画 ~無人探査機の月周回

1968年(昭和43年)12月21日 アポロ8号が月軌道周回に成功する。その時に月の裏側に突入した時に無線途絶があり、無線が回復した時にフランク・ポーマン船長により重要な第一声があった。
「サンタクロースは実在した。」
そして・・・。
1969年(昭和44年)720日。
人類史上初めて月面着陸に成功するという快挙を成し遂げたアメリカの月探査船アポロ11号。船長のニール・アームストロングが月着陸船から月面の「静の海」へ第1歩を踏み出す時のセリフは、世代を超えて時間を超えて、人々に強烈な印象を与えることになった。

「ひとりの人間にとっては小さな1歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」

アポロ11号打ち上げ、月面着陸、地球の出

 アポロ11号は、実は月面着陸は捏造であり、月まではいってないといわれるむきもありますが、そんな子供たちの夢をつぶそうとする俗説は信じたくありません。スタジオのセットで撮影されたなどという俗説こそ「都市伝説」でしょう。アポロ計画全体にいえますが、本来の謎はアポロ宇宙船が月面で撮影してきた画像、映像にどうしても説明のつかない点があること、飛行士と管制センターとの通信にこそ存在します。アポロ計画自体が17号で終了したことも大きな謎です。

我が国の無人月面探査衛星かぐやによるアポロ11号の着陸痕


しかしアームストロング船長がミッション中に発した数々の発言は、このような感動的なものばかりではない。管制室のやりとりの中には、表にはNASAも出せなかった通信記録が存在しているのも事実である。

「クレーターの向こうで、巨大な宇宙船が私たちを監視している。」

アポロ11号のUFO
人類初の月面着陸という快挙ですが月面の謎、疑惑は既にこの時点で発生していました。

 
 これは地球外生命体の宇宙船をアームストロング船長たちが目撃した事実を示唆するものだが、彼らは別の驚異的な存在とも遭遇していた可能性がある。

20092月に動画共有サービス「Youtube」にアームストロング船長が撮影したとされる映像がアップされた。ポルトガル語のナレーションとともに始まる映像は、かなり不鮮明だが、闇の中に廃墟らしき建造物が認められる。梁が縦横に交差した建物は、それほど複雑な構造ではない。

カメラは建造物に接近する宇宙飛行士の背中を追い、その入り口を目指す。探るようにして回るカメラはやがて内部を映し出すが、柱や壁、窓があるだけで、調度類や機械のようなものは認められない。

すでに遺棄されてしまった都市の廃墟であろうか?
ついでシャベルのような器具で月面からサンプル採取する宇宙飛行士が映し出された後、着陸船内の映像は唐突に終わっている。
時間にして630秒。ソース不明のこの映像は、本当にアポロ11号の乗組員たちの行動記録なのだろうか?


しかしバズ・オルドリン飛行士と思しき宇宙飛行士が背負う生命維持装置は公式映像と比べて大きく異なり、NASAのマークもついていない。つまり映像はフェイクである可能性が高い。

アポロ計画の目的、狙いは何だったのでしょうか?

レインジャー計画からアポロ計画終了までの公開されている写真(画像)は、約14万枚。(総撮影枚数の3.5%)96.5%の写真(画像)は未公開である。
未公開の写真が多すぎることは明らかだが、単純に考えれば公にできない写真がほとんどであった、と考えていいだろう。たぶんアポロ計画で撮影された「未公開画像」は、誰にもアクセスできないような情報として扱われている可能性は十分あり得る。


UFOを目撃したアポロ宇宙飛行士バズ・オルドリン、衝撃の新事実を告白! 
2018/4/12 http://mnsatlas.com/?p=33961 
UFO関連の陰謀論で有名なものの一つに、 アポロ計画の宇宙飛行士らがUFOを目撃していた? というものだ。実際に「UFOを目撃した」と証言する宇宙飛行士は少なくない。彼らがUFO目撃証言について語り合う動画はその内容の真実性に ついて以前から分析が行われている。 今回、オハイオ州アルバニーのBioAcoustic Biology研究所はアルフレッド・メリル「アル」ワーデン、バズ・オルドリン、ゴードン・クーパー、エドガー・ミッチェルの証言を科学的に分析を行い、彼らが見たものが何なのか確かめようとするもの。今回の分析で得られた最も興味深い結果は、1969年に彼とアポロ11の乗組員が月で目撃した奇妙な「L字型」の物体に関するオルドリンの証言だった。

 関連動画 EXCLUSIVE: Buzz Aldrin Confirms UFO Sighting in Syfy’s ‘Aliens on the Moon’ 

https://youtu.be/ZNkmhY_ju8o

 
バズ・オルドリンは2005年に「サイエンス・チャンネル」 という番組でアポロ11号の実験中、宇宙船に覆いかぶさるような大きな影やL字型の物体を目撃、 ヒューストンに存在する基地との交信中であったが、混乱させてはならないと思って黙っていたそうだ。 
 しかし、彼がその日実際に見ていたものは何だったのか。 調査の際に行われた公開セッションでは、インターネットユーザーからの質問も受け付けられており、特に過去の証言が有名なオルドリンへの質問が集中した。 
だが、彼は自分が見たUFOについていくつかの解釈があるかもしれないと認めつつ、最も可能性が高いのは、太陽光がロケットのパネルに反射して奇妙な形になったものを目撃したことでUFOと誤認していた可能性が高いと証言を翻したのである。 この結果についてBioAcoustic側は、以前の証言ではオルドリン自身も自分が見たものはUFOだったに違いないと確信していた事が伺えるが、後に冷静に他の可能性について考えた結果、意見を変えたようだと思われるとのことだった。
(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)画像©PIXABAY
月面の宇宙人 アポロ11号によって撮影された、月面を歩く宇宙人。

https://www.youtube.com/watch?v=ZIAurHVfnak

※アポロ11号は、月面への人類の初上陸という偉業の他に、アメリカ以外には知られたくない「もう一つの偉業」があるようです。

かぐや撮影 アポロ11号着陸地付近


アポロ宇宙飛行士も目撃したであろう月面に姿を現したメガ人工構造物 mega artificial structure appeared surface moon Apollo astronaut 
https://www.youtube.com/watch?v=gkpOuc_Ty80&t=555s https://youtu.be/gkpOuc_Ty80?t=615

月の謎は、調査が深まるのに比例するかのように蓄積されていくようです。

月の穴から意味深なUFOが飛び出す瞬間がヤバい! 「人類から月を守る」宇宙人基地が存在か!? 
2018.01.27 http://tocana.jp/2018/01/post_15808_entry.html 
月の地下には宇宙人基地があると言われて久しいが、遂に決定的な証拠映像が公開された。英紙「Daily Star」(19日付)が、「説明不可能なUFO映像」だと報じている。問題の映像を撮影したのはアマチュア天文学者のメキシコ人ディエゴ・アビレス氏。自身の天体望遠鏡で月面を撮影していたところ、とんでもないものが映っていることに気付いたという。まずは、映像をご覧頂こう。 一見したところ、なんの変哲もない我々のよく知る月が映っているように見えるが、ズーム映像にははっきりとその物体が映りこんでいる。動画の0:10~目を凝らして白くなっているクレーター部分を見て欲しい。クレーターの中央から小さな物体がスッと飛び出してくる様子が確認できるだろう。一体これは何なのだろうか?
http://tocana.jp/2018/01/post_15808_entry_2.html  
YouTubeユーザーらのコメントを見てみよう。 「月の穴から飛び出してきたUFOだ」 「今まで観た中で最高のUFO映像だ」 「何かが起こりそうな予感がする」  月の地下にあるといわれる宇宙人基地から飛び出してきたUFOだと考えているユーザーが多いようだ。それも無理はない。なぜなら、過去にも月面から飛びたつ大量のUFOの姿が映像におさめられているからだ。トカナでお馴染みの世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏も、「月の縁の部分では、しばしばこのように大量の飛行物体が飛び交う様子が見られます。月軌道あたりを飛び交うこれらの飛行物体は、人類から月を守ろうとしているのかもしれません」と語っている。  さらにこれまでには、月の宇宙人基地の実在を決定付ける内部告発も飛び出している。米ヴァージニア・ラングレー空軍基地の元職員カール・ウルフ氏は、「月の裏側にある基地」をとらえた月面写真を見たと証言しているのだ。ウルフ氏によると、全ての月面の衛星写真は綿密な画像編集を経たのちに公開されるとのことだ。

http://tocana.jp/2018/01/post_15808_entry_3.html 
先日、米XPRIZE財団の月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」が、勝者なしで終了することが決定した。どのチームもミッションをクリアできないことが理由だというが、実際のところ、上述したような“秘密”が本当の理由なのではないだろうか? 米政府が水面下で妨害工作をしていた可能性は否定できないだろう。  だが、英紙「Express」(24日付)によると、今回の映像には偽物疑惑も挙がっているという。UFO懐疑派の人物がアルビレス氏のフェイスブックページに目を通してたところ、アルビレス氏が映像作家であり、CG映像のスペシャリストだったというのだ。さらに、他の調査によると、かつて仕事のPRのためにUFOのCG映像を作成したことがあるとアルビレス氏本人が認めたという。しかし、今回の映像についてのコメントはまだ出ていないようだ。最終的な判断は読者の手に委ねたい。 (編集部)参考:「Daily Star」、「Express」、ほか 

https://www.youtube.com/watch?v=Im5M8DCm8vY
PLANET X NEWS - UFO LEAVING THE MOON JANUARY 12TH 2018 (Diego Aviles) https://www.express.co.uk/news/weird/909385/UFO-aliens-Moon-spacecraft-taking-off-truth

衝撃 月の正体!既に100種類の宇宙人が地下にいる!研究者が徹底暴露! https://www.youtube.com/watch?v=UbDv3BnaadI&t=18s https://youtu.be/UbDv3BnaadI?t=71

【実は地球と関わりが強い月、謎にされているところが多い月】
やりすぎ都市伝説 【月の真の秘密は】須藤元気のありえないぶっ飛び https://www.youtube.com/watch?v=9HPUh3s3Hu4

エイリアンハイブリッドの研究者たち

~異星人と地球人の子供たち~

異星人によってUFO内部に拉致(アブダクション)された人々は、「アブダクティー=拉致被害者」と呼ばれる。


  UFO研究家バド・ホプキンス(アメリカ)

アブダクション研究における先駆者の一人である。1970年代の終わりにアブダクションの「異世代共有説」を唱えて注目された。
ホプキンスは、ある人物がアブダクティーになるのは少なくとも実父母のひとりがアブダクティーだったからである、とする。つまりその祖父母も、またその曽祖父母も同じパターンである、とする。

 ホプキンスは催眠療法を用いて、アブダクティーたちから「証言=体験」を引き出すことに成功した。そしてアブダクティーがUFO内部でみせられた異星人と人との交配種である赤ん坊や子供を「ハイブリッド」と名付けた。

女性なら卵子を、男性なら精子を抜き取られ「混血=ハイブリッド」を創るために使われるが、時には「性的接触=異種交配」もある。こうして異星人の遺伝子とヒトの精子と卵子はそれぞれが混合され変容し、さまざまな「エイリアン・ハイブリッド」が創造されるのだという。アブダクティーたちの大多数はUFO内で男か女かのエイリアン・ハイブリットに引き合わされたと告白していた。ときに女性アブダクティーは、自身が生んだ「ハイブリッド・ベイビー」を抱かされ、授乳をさせられたりするといわれる。

「エイリアンたちが地球にやってくるのは、彼らには欠けている地球人の長所である愛情、慈悲、性愛、ユーモア精神を可能な限り大量に吸収することにある。」

  ペンシルベニア州テンプル大学歴史学名誉教授デービッド・M・ジェイコブズ博士(アメリカ)

1973年ウィスコンシン大学マディソン校で「UFO現象の歴史的分析」をテーマとする論文で博士号を取得する。テンプル大学の教授として「アメリカ社会におけるUFO」という講座を開講する。
1975年にインディアナ大学出版局から「アメリカにおけるUFO論争」論文を発表する。

 UFOアブダクション体験者約300人を対象に聞き取り調査を行う。体験の記憶に欠落があるときは、催眠療法を使って記憶を引き出した。

1000件を超えるアブダクション事例を調査して、異星人の「人類ハイブリッド化計画」を知るに至った。博士は、計画が最終段階に達して創造された種を「ヒューブリッド」と呼ぶ。人間と遜色のない姿かたちをしたハイブリッドであり、既に地球人類として活動しているというのである。
 異星人の最終的な目的は、人類とヒューブリッドが「同化、融合」した社会の到来である、とする。ジェイコブズ博士は、「ヒューブリッドが人間社会に同化し、既に種として融合しつつある。いずれ地球は彼らヒューブリッドに奪取される。」と説いている。

「被験者たちの証言に基づく限りでは、エイリアンと人間のハイブリッドたちが、人間社会への溶け込みを図る密かな支配計画の実行に従事している。おそらくその最終目的は、地球社会を実質的に乗っ取ることにあるだろう。」

【異星人ノルデッックによるUFOアブダクションの意味】

異星人ノルディックがUFO内に拉致した女性たちの多くにノルディックの精子を注入する。ある日身に覚えのない流産をして初めて自身の妊娠を知ることになる。
取り出された混血児の胎児は、UFO内の育児室で成長し、その後再び産んだ女性の家庭に戻される。そして人間として育てられるのである。
女性は、マインドコントロールされているため、ごく自然に混血児を育て、社会に紛れ込んでいく。こうしたヒューブリッド(ヒトとノルディックの最高混血種)が、かなり以前から人間社会に同化していると指摘する。

UFO研究者、TV局社員リンダ・モールトン・ハウ氏(アメリカ)

ニューメキシコ州アルバカーキを本拠に活動をする。

〈リンダ・ハウ女史の主張〉

「地球人類は今、目にみえぬ苦難の真っただ中におかれている。戦争、テロ、飢餓、人種差別、そして政治や宗教の対立などなど確かに人類社会にとっては、どれも大きな脅威には違いないが、それでも決して最大ではなく最悪でもない。」

「われわれの大多数が、それとは知らずに直面させられている現下の最大の脅威は、新たに生まれつつあるエイリアン・ハイブリット種族の増殖拡大と、彼らによって秘密のうちに進められている全地球支配権の継承プログラムなのだ。」

UFOアブダクション研究家、ハーバード大学医学部精神分析学者ジョン・E・マック博士(アメリカ)

UFOアブダクション事件には、ストーリーと基本パターンがある。概ね以下の4項目か複数の項目を含む。

1、生殖物質(卵子または精子)が採取される。
2、胎児が移植されて、妊娠が体験される。
3、胎児が抜き取られる。
4、女性(或いは男性)が人間とエイリアンハーフ(ハイブリッド)にみえる生き物をみせられ、抱くように、食べ物を与えるように、元気づけるように、と要求される。

これら4項目によるエイリアン工程表が、あくまで物質的、物理的なものだとすれば、エイリアンたちの「地球乗っ取り計画(侵略計画)」の一環である可能性が高くなる。
 しかしあくまで抽象的、精神的な、或いは異次元的なものだとしたならば、これは人間がより高次の段階に霊性進化する可能性を意味するものとも考えられる。
 どちらが正しいのか、エイリアン・ハイブリッド問題の議論を突き詰めるにつれて物質的観点と精神的観点との板挟みとなる。

UFOコンタクト/アブダクション研究者、心理学者・心理セラピストR・レオ・スプリンクル博士

「とはいえ、われわれ地球人の観点に立つ限り、もっとも重要なポイントは、エイリアンが地球にやってくる動機ないし目的はいったい何かということにつきる!」

走行中の車中から、妻とともに低空のUFOに接近遭遇した2度目からは、科学界の孤立を覚悟の上でUFO現象の科学研究こそが、天から自分に与えられた使命と決断する。
 博士は、伝統的な調査研究方法は行き詰ったため、UFO現象に伴うサイキック(霊能力的)な側面、というような形にせよ、これまでの研究者たちにはほとんど無視されてきた側面であった。

 博士は次第に懐疑的になった。皮肉なことに空飛ぶ円盤の真実性ではなく、現代の科学共同体が定義づけして発展させてきた。「真実」の概念に対してだった。
 博士は、アブダクション体験を心の奥底に封じ込めて記憶を失った500人を超える被験者たちを、時間遡行催眠治療実験にかけて、彼らの不安や恐怖を取り除く治療に多大な成果をあげた。

 エイリアンの目的についての博士の考察は以下の通り。
ET(エイリアン)の基本シナリオは、例えていえば、善人と悪漢の関係で、このシナリオでは、戦争や環境汚染や弱者の虐待や核兵器を備蓄し、宇宙にまで持ち出そうとする悪い地球人を、ETが監視と制止にきていることになる。或いはまた、ETは指導者(導師)で、人類の英知と道徳性をテストして、銀河宇宙のほかの高度文明と交流が許される「宇宙市民」の資格があるかどうかを見ているのかもしれない。」

はたして地球人類が真の意味で、「宇宙市民」となれる日はくるのだろうか?

UFO研究は、ミステリーを楽しむだけのものではありません。科学的な研究方法を用いて真実を究明しようとする、学術研究なのです。


【動画でみるエイリアンハイブリッド

進行するエイリアンとのハイブリッド化!?

エイリアンに遭遇した人々による8つの体験談


イタリアでのアブダクション事件 ~NGO未来大学院~


 望まない妊娠をして、子供を理不尽に中絶してしまう方は少なくないかと思いますが、妊娠させられた相手が、この世の(地球上での)人ではないとわかった時に、どういう心境になり、どう決断できるでしょうか?
 伴侶がいる方であれば、なおさら夫婦としての葛藤は小さくないのではないかと察せられます。やるせなさやくやしさ、怒りをどう表現し、どこにぶつければいいのか?
 相手は人間ではなく、生まれてくる子供も尋常ではない可能性が想定されますからね。


異星人の子供を身ごもるパターンとともに、問題視されるインプラントの埋め込みの例もありますね。


宇宙人が人間の身体に異物を埋め込んだ数々の証拠! 
すべて磁気を帯びており…恐るべきエイリアン・インプラントの実態! 
2017.12.07 http://tocana.jp/2017/12/post_15280_entry.html 

 近年、人々がUFOに対して抱く疑問の質が変容してきた。かつては「UFOなんてホントに存在するの?」が多勢であったが、現在は「UFOってホントに宇宙からの乗り物なの?」に変わってきている。私たちにとってUFOをはじめとしたエイリアン・アクティヴィティーや各種超常現象はますます身近になっているのである。  その理由の一つとしては、今回紹介する「エイリアン・インプラント」があるのかもしれない。平たくいえば、宇宙人によって体内に埋め込まれた異物のことを指している。このエイリアン・インプラント、実はそう珍しいものではない。UFOやエイリアンとの接触を証言する人たちのうちの少なくない一部が、科学的に説明し難い異物が体内に埋没しているのだ。

Dr Roger Leir Tribute
https://www.youtube.com/watch?v=xA9ZvK1Pjg0
■UFO目撃者の多くが体内にインプラントを埋め込まれている? 
 エイリアン・インプラントについては、数多くの実例とその証拠となる写真が存在する。その大半は手首や足首付近で赤い点による正三角形のパターンを有しており、また皮膚の下から少量の組織が取り除かれて、くぼみが残っているように見えるものもある。そして、これらの特徴を持つ人たちの多くが、UFOとの接触や自身がエイリアンに誘拐された経験があると証言しているのである。  
 エイリアン・インプラント研究の第一人者として知られるのは、間違いなく米国人医師のロジャー・レアー氏である。残念ながら氏は2014年に亡くなってしまったが、彼は生涯で15件のエイリアン・インプラント摘出手術を行っており、計16個のインプラントの摘出に成功している。  
 レアー氏が初めてエイリアン・インプラント摘出手術を行ったのは1995年にまでさかのぼる。記録によれば、手術を受けたのはパット・パリネリオとメアリー・ジョーンズ(ともに仮名)の2名で、いずれも共通してエイリアンとの接触を認めている。  
 パットは自身がまだ6歳の幼子であった1954年に、一方メアリーは、1969年に第三子を妊娠中に家族とキャンピングに行ったときにそれぞれエイリアンを目撃したと語っている。またメアリーに至ってはその1カ月後、ちょうど出産を無事終えた後の夜に再度エイリアンとの接触があったとも証言している。

http://tocana.jp/2017/12/post_15280_entry_2.html 

■エイリアン・インプラントの不可解な真実  
 レアー氏の手術によってパットは左手の甲付近から、メアリーは左足の親指からそれぞれ異物が取り除かれた。それらの異物は複数の研究機関に送られ、さまざまな専門家によって、皮膚組織検査、レーザー誘起ブレークダウン分光分析、浸漬試験、エネルギー分散型X線分析、磁気分析、蛍光特性分析等、多角的かつ科学的に研究・解析が行われることとなった。そしてその結果は、その後レアー氏が除去した数々の異物と共通して、実に不可解なものであったと言わざるを得なかった。  
 パットとメアリーの件も含めて、その後に患者たちから除去された“異物たち”は、結晶質の物体である場合がほとんどであった。また身体には炎症反応が存在せず、これは通常の知見ではあり得ないことである。普通であれば体内組織に埋め込まれた異物は必ず何らかのタイプの急性または慢性の炎症反応をもたらすからである。  
 除去された物体はいずれも磁気を帯びており、中には不可解なことに14.7MHzの無線周波数を発するものもあった。さらにゲルマニウム、プラチナ、ロジウム、イリジウム等、隕石との共通点をはらんだものもあり、地球には最深部にしか天然に存在しないはずの同位体のニッケルが含まれているケースも存在した。また、カーボンナノチューブと非常に似通った構造のナノファイバーが発見されたこともあるという。  
 レアー氏の共同研究者は、それらを製造・加工するにはかなりの専門性を必要とするであろうと語っている。ここまでくると、エイリアン・インプラントを誰かのイタズラで片づけるには無理があると筆者は感じる。実際にこれらのインプラントは宇宙人によるものではなく、軍事機関や政府機関が裏で絡んでいるという声があるのも事実だが、少なくとも、一般人が思いつきで実行できるレベルの話でないことは明らかであろう。

摘出されたエイリアン・インプラント(リンク)
Extracting Alien Objects Found Inside People At A Hearing on UFOs 

■インプラントを除去するとサイキックな能力が減少
 さて、仮にインプラントがエイリアンの仕業であるとして、それらを除去した後はどのような変化が被検者に訪れたのであろうか。手術後にUFOを目撃したり、エイリアンに誘拐されたり、何か超常現象を体験したりしたのだろうか。その答えは「YES」だ。  
 複数の証言が存在するが、パットの場合、インプラント除去後、オレンジ色に妖しく発光するUFOを目撃したと語っており、また目撃後はかつて自身にあったサイキックな能力が減少したと証言している。  
 メアリーは手術前後に、インプラントが埋没していた彼女の足とその親指付近に腫れと痛みを感じたと語っている。そして他の多くの元インプラント保有者たちも彼らと同様に精神面、サイキック面、あるいは健康面で何らかの特筆すべき変調を訴えている。これは、エイリアンが何らかのトランスミッターとしてインプラントを仕込んだからだろうか? あるいはインプラントが除去されることをエイリアンは察知したのかもしれない。いや、それとも……?  
 いかがだったろうか。今回はなんとも不可解でミステリアスな話だったと思う。陰謀論者でなくとも、一般社会を超越したなんらかの力を予感してしまうのではないだろうか。もしあなたがUFOやエイリアンとの接触経験があったり、あるいはそんな内容の夢を見たりしたことがあったら……今すぐ自分の手首や足首付近をチェックしてみた方がいいかもしれない!?(文=池上徹)
プラズマインプラント
エイリアンに埋め込まれた!?

「ハイブリッド・チルドレン」の遊び相手になった女宇宙人に拉致され、UFO乗船鮮明によみがえった消されたはずの記憶とは?

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3452405

ある日、幼少時代の記憶が不意によみがえってきた女性が、UFOに乗せられて誘拐された体験を語っている。連れて行かれた先で、エイリアンと地球人のハーフであるハイブリッドチルドレンの遊び相手になったというのだ。海外メディア「Mysterious Universe」が報じた不思議体験の一部始終を紹介しよう。


大人になって思い出したアブダクションの記憶

 子どもの頃の記憶がボンヤリしていて曖昧なのは無理もない話だが、後々になって記憶に残っているいくつかの場面がまるで首尾よくいったジグゾーパズルのほうに完成したという経験はないだろうか。
 アメリカ・ニュージャージー州在住のジェニファーさんもまたそうした体験を持つ人物だ。30歳代半ばのある日、幼少の頃に体験した記憶の一部が鮮明に思い出されてきたのだ。
 それは夏休みのある日の出来事だった。近くの森の中で過ごしていた時に小さな人々のグループに出くわした記憶が、まずはジェニファーさんによみがえってきた。この人々は今日、いわゆるグレイと呼ばれているエイリアンにそっくりの姿であったのだ。とすれば幼少時代にエイリアンに遭遇していたことになる。
 そしてこのグレイのビジュアルがきっかけになって、これに関連していると思われる記憶もジェニファーさんの脳裏によみがってきたのだ。それはなんとアブダクション体験である。
 まず思い出されてきたのは、家にやってきた何者かによって連れ去られた体験である。その時両親は家にいなかったのか、男たちに導かれるままに家の外に出され、大きな黒塗りのセダンの後部座席に乗せられた。車の内部の様子も思い出されてきたのだが、後からよく考えるとこれはUFOだった可能性が濃厚に思えてくるということである。そしておそらく薬物か何らかの手段で移送中はいったん眠らされていたという。
 到着した場所は閉鎖された古い軍事施設のような場所であった。起こされたばかりのため寝ぼけ眼で、足元もふらついていた彼女だったが、手を引かれるままに施設内を移動しエレベーターに乗せられた。エレベーター内には小さな人3人いた記憶が残っているが、目がかすんでいたこともありはっきりしたビジュアルは思い出せないという。
 エレベーターは地下に向けてかなりの距離を降りていき、ようやく止まった先でジェニファーさんは大きな部屋に引き入れられた。そこには56人のハイブリッドチルドレンが一列に並んだ椅子に座っていたのである。

少女に与えられた任務とは

 いわゆるハイブリッドチルドレンとは宇宙人と地球人の混血児のことであるが、もちろん、この時ジェニファーさんが見た子どもたちがハイブリッドチルドレンであるという根拠はどこにもない。しかし、ジェニファーさんにしてみれば、この時に見た子どもたちはそれ以外の何物でもなかったということだ。
 ハイブリッドチルドレンたちは皆痩せて病弱そうな顔つきをしていて髪の色は黄色であった。フロアにはテディーベアをはじめとするぬいぐるみ類、人形類、玩具類が大量に散乱していたのだが、子どもたちはこれらのものに興味を示す様子はなかった。また部屋には世話係らしき大人の女性が1人いたという。
 幼いジェニファーさんには、すぐに自分の任務がわかった。なぜ自分がここに連れてこられたのか? それはこの子どもたちと一緒に玩具で遊ぶためであったのだ。そして実際にぬいぐるみや玩具を手にして子どもたちと遊び、2人のハイブリッドチルドレンの笑顔と笑い声を引き出したのだ。
 2人以外の子どもたちは相変わらず黙ったままであったが、それでも最初よりは玩具に興味を示す素振りを見せていたという。だがジェニファーさんが何度接触しても笑顔を見せるまでには至らなかった。
 もうこれ以上の遊びは無用だと判断されたのか、あるいはジェニファーさんは残念ながら不合格だったのか、その後、彼女はここに来た道をそのまま逆にたどって家に帰された。
 帰路も黒いセダンに乗せられ、その車内の光景も記憶に残っているのだが何か不自然なところがあり、ジェニファーさんはこの車内のビジュアルがエイリアンによって埋め込まれた記憶ではないかと疑いを抱いているという。その目的はUFOに乗った記憶を入れ替えるためだとジェニファーさんは考えている。
 エイリアンに誘拐された体験、いわゆるアブダクションを語る者は世界各地に存在しているが、ジェニファーさんのようにハイブリッドチルドレンとの遭遇体験を語るアブダクティーも少なくない。我々も子どもの頃の不思議な体験を改めて思い返して検証してみれば、ひょっとして意外な方向に話が進むのかもしれない。(文=仲田しんじ)