「UFO宇宙航行学理論」の世界

 日本では、単なるミステリーとしてとらえられるUFOですが、本来UFOとは研究者がテーマをもって解明にとりくむ学術的な研究とされるべきものである。
 なぜ我が国ではバラエティ系統のテレビ番組でとりあげられるだけの「ミステリー現象」「不思議番組」としての価値しか与えられていないのか、その原因もまことに興味深いものがあるのですが、そこの解明はまた別の機会にとりあげることとして、ここでは代表的なUFO研究、UFO理解の学術研究を一つとりあげてみたい。
 内容はいささか古いという印象ももたれる方もおられるかもしれないが、UFOが宇宙空間に本来あるものであること、どういう意図をもって、或いは行動パターンなどを考えていくには、十分参考になる研究成果だと思う。


UFO宇宙航行学理論

イギリス・航空宇宙技師 T・ロイ・ダットン氏

【ダットン氏について】

航空機メーカーアヴロ社を振り出しに航空機産業界の開発設計部門のベテランメンバーとして実績をつみ、未来型航空機の設計研究と開発実験に取り組む。
1967年後半に地元近辺で連続多発したUFO目撃事件のデータを収集、現場調査を行う。UFOの関連書を読み漁る。
フランスのUFO研究家エイメ・ミシェルの「UFO直線定理理論」(同日発生事件の目撃地点は直線上に並ぶ)などをヒントに航空宇宙工学的に解析を行う。

【論旨】

UFOは、急加速、鋭角ターン、急停止など人知を超えた飛行性能を有する科学技術産物と定義できる。形状に明らかな種類があるが、すべて同じ推進原理で飛行するようにみえる。
UFOは、ほとんど無音で行動し、梢すれすれの低空を飛行する。急加速上昇して視界から消えることと含めてレーダー探知をさけるためと思われる。
目撃地点の分布は、おおむね磁北/磁南方向にのびる幅約10㎞のせまいベルト地帯におさまる。その中央線付近にははっきりみえる人工地形、当時開通したばかりの第6幹線道路が走っている。
以上を総合すると、イギリス北西部の新開発地域が半年間にわたり、「非人類干渉者」の綿密な組織的調査対象にされていた。状況証拠からこの干渉者は、地球外起源とみるのがもっとも妥当である。UFOの活動の論理的結論としては、「地球外起源の非人類干渉者による地球地表の組織的調査活動」といえる。

1980年代前半までの研究成果〉

地球上でUFOによる何らかの「査察プログラム」が定期的に反復遂行されていた。そしておそらく査察活動は、以後も継続されていることを確信する。
大気圏内で目撃される小型UFO(子船)は、主に宇宙空間で行動する大型UFO(母船)から地表の目標付近に送り込まれ、一定の任務期間(時間)がすぎると再回収されるらしい、とわかった。
活動の首尾一貫した戦略性、規則性からみて、UFOの査察活動はおおむね全自動化された人工知能的なロボット探査機である子船UFOによって実行され、それを収容する母船UFOが帰還し発進する基地施設は、おそらく太陽系内のどこかにあるものと推測した。

1990年代以降の研究成果〉

PC、インターネットの導入により、データ解析が簡単、迅速化する。
英米の有力なUFO調査組織の協力で、全地球的データベースから目撃日時、地理座標、報告状況などのデータを抽出し、解析、検証を行うと新たな事実が明らかとなった。

  母船は、地球の自転方向とは逆に、常に東から西への逆行コースをとって定期的に地表に接近する。

  母船が宇宙空間でとる地表への接近コースは、すべて地球赤道上の一連の定点と反復的に交差する。

  母船の地表接近コースは、北緯76°と南緯76°の間にある人類の居住地域全域をカバーできるよう地球の赤道面に対して明確に傾斜角度が異なる10通りの軌道面をもつ。特によく使われる地表接近コースは4通りあり、うち2コースは恒星を基準とし、方位が固定的である。あとの2コースは太陽を基準とし、年間を通じて方位が太陽方向、ないしその逆方向に移動する。

  母船の大気圏突入は、常に短期間、つまり部分的な軌道飛行で、規定された同じ超軌道速度(おおむね地球脱出速度=秒速11.2㎞)を守りながら、選択された目標地点付近の上空で、子船の送り出しと回収を遂行する。

  地表に降下した子船は、おそらく大半が無人ロボット探査装置だろう。一部は有人調査船で、標本の採集、または拉致、解放まで含む接近遭遇ミッションを完了すると、高空へ迅速に離脱し、次回またはそれ以降に接近する母船に回収される。


米国で巨大な蝶型UFOが現れる!?
光速よりも速く移動するUFOに乗った人の体験談


宇宙飛行士エドガー・ミッチェルが語った異星人

アポロ計画で月に向かった宇宙飛行士たちは、ヒューストンとの交信中の会話や帰還後のマスコミ取材などで、異星人とUFOに関する重要な体験を告白している。

 例えば、アポロ14号で月に到達した宇宙飛行士エドガー・ミッチェルは、地球に帰還した際に「月面では始終顔の向きを変えなければならなかったので、まだ首が痛い。・・・月にいるのは自分たちだけではなかった・・・祈るしかなかった。」と発言。月に「先住民=異星人」が存在している可能性を示唆した。

 そして200159日、ワシントンDCのナショナル・プレスクラブの大ホールで催された「ディスクロージャー・プロジェクト」(UFOの暴露計画)の講演会で、ミッチェルは新聞、雑誌、テレビなど総勢100名を超えるマスコミ報道陣が見守る中、「月を中継基地として、既に異星人が地球にきている。」と断言する。その後もミッチェルは異星人に関しての情報を明かした。

 さらに2008723日、イギリスのラジオ局のインタビューに応じた際に、「アメリカ政府は、過去60年近くに渡って異星人の存在を隠してきた。彼らは小さな人々と呼ばれており、われわれ宇宙飛行士のうちの何人かは、一部の異星人情報について説明を受けた。」と語っている。
 ミッチェルによると、異星人は「奇妙な外見をしており、小さな姿をしていて、大きな目と頭をもつ、いわゆるグレイに似ている。」という。

 また墜落したUFOをアメリカが回収したというロズウェル事件が真実であり、「政府は異星人の存在を60年間隠し続けていたが、徐々に事実が明かされていて、私のような真実を知る特権的な人間も何人かいる。」とまで語っている。

 ミッチェルいわく異星人の科学技術は、地球人を遥かに凌駕しており、「戦えば一瞬にしてやられる。」そうである。

 2013429日から5日間に渡って、ワシントンDCの全米記者クラブで開かれた「ディスクロージャー(UFO機密暴露)市民公聴会」の席上でも重要な発言がなされた。
「そのとおりだ。確かに宇宙船が墜落して、乗員の死体が回収されたことがある。われわれは宇宙で独りぼっちではなく、彼ら(地球外知的生命体)は大昔から地球にやってきている。」
 ミッチェルはNASAを退職後に断言した。
「在職中にETUFOの情報に触れることもあったが、当時は口外できなかった。だが、NASAや政府はそうした情報を今も隠しつづけている。」

 ディスクロージャー(秘密暴露)とは、UFOの問題の場合、政府や軍などの体制側のUFO秘密政策を内部告発する市民運動で、1990年代に医師でUFO研究家のスティーブン・グリア博士が、ミッチェルらと協力してプロジェクトとして発足させたものである。

 そして201626日、NASAは同年24日にアメリカのフロリダ州の医療施設でミッチェルが亡くなったと発表する。享年85歳。死因不明だったことから口封じされたのではないか、と噂されている。(参考引用文献『月の都市伝説』20171月並木伸一郎著 学研プラス)

※85歳で亡くなられたのなら大往生ですよ。わざわざ口封じするまでもないでしょう。ただ生前にNASA(アメリカ空軍)による情報戦略の片棒を担いでしまった、ということはあるかもしれません。


(画像)エドガー・ミッチェルがクルーだったアポロ14号。月面探査を行う宇宙飛行士たちを監視するかのように現れた発光体が写りこんでいる。

アポロ14号(NASA)
アメリカが隠し続ける宇宙人




アポロ12号と巨大UFO

19691114日に打ち上げられたアポロ12号についても、異星人の監視が行われていたようだ。ミッション中にUFOが現れていたのである。

最初の異変は、アポロ12号の離陸直後に、すべての電気系統が使用不能になってしまったのである。実はこの時に光を明滅させながら飛ぶUFOが出現し、まるで12号を囲むように前後に2機飛んでいた。
 この発光体は、欧州全土の観測所でも確認されている。アポロ12号が見舞われた電気系統の異常は、おそらくこのUFOの影響である可能性が高い。
 2機のUFOの追跡は、翌日も続いた。
管制室への報告記録では、UFOは常に同じ位置を保ち、1秒間に1回転もしくは1回転半しながらついてきたといわれる。
 その後1119日に無事に月に到達したアポロ12号だったが、UFOはここにも出現している。一定の距離を保ちながら月面をホバリングするUFOは、半透明であり、真空の宇宙空間で虹色に光輝いていたといわれる。
 否定的な見方をあえてすれば、この巨大な発光体の正体として真っ先に思い浮かぶことは、フラッシュのような補助光線であろう。だがNASAの公式発表ではそうした類の機材は持ち込まれていない。月面では太陽光の「ゴースト」のような画像が撮影されることも多いが、少なくともこの写真に写るものは、別の何かである。もちろん宇宙飛行士たちはその正体が何であるか、気づいていただろう。だが、これについての情報の開示は一切ない。
 なおアポロ12号のミッションでは、TVカメラで月面からの中継が行われる予定であった。操縦士のアラン・ビーンが誤って太陽にレンズをむけて機器が破損したため、中継は実現しなかったが、はたしてこの通りに受け止めてよいものだろうか?
 もしかしたら機材を破壊したのは、この巨大な発光体=UFOなのではないか?あるいは公開できない存在がそこにいたため、中継を断念したのかもしれない。いずれにしてもUFOが計画を遮ったことだけは間違いないであろう。

アポロ12号が月面着陸した際に宇宙飛行士の頭上を明るく照らす物体が出現していた。これは撮影時の太陽光の「ゴースト」とは異なる。

宇宙服のヘルメットのバイザーに写りこむ猛スピードで移動するUFO
アポロ12号の宇宙飛行士たちはUFOの出現に驚き、右往左往したという。

アポロ12号が撮った異星人のUFO
 アポロ11号に次いで、2度めの月面着陸に成功したアポロ12号は、月の地震の頻度、太陽風の流量、磁場などを測定する機器と、地球との中継器などを月面に設置したことでも知られている。
 これらの機器は、「アポロ月面実験装置群(Apollo Lunar Suface Experiments PackageALSEP)と呼ばれ、原子力で作動し、月面での観測結果を長時間にわたって地上に送信することを可能にしたのだ。

 そのアポロ12号が遭遇したUFOについては前述したが、奇妙な遭遇は他にもまだあるのである。
 近年、新たにアポロ12号が飛行中に謎めいた巨大な物体を撮影していたことが明らかになった。月の地平線上空を飛び、パスツールクレーターの周囲を撮影した画像に奇妙な物体が写りこんでいるのが見つかった。
 パスツールクレーターは、スミス海の東側に位置している。その東側は、地球からみえない部分、つまり裏側に該当するということになる。

 画像をみると地表に鎮座していた怪しげな物体が、その後ふわりと空中へと浮上していく様子が写っていることがわかる。物体の下部からは脚らしきものが突き出ている。

 台湾在住のUFO宇宙現象研究家スコット・ワリング氏は指摘する。
「この巨大な物体は、裏側に存在している月人=異星人の地下墓地から浮上してきたに違いない。問題はこの画像の処理がきわめて雑だったことだ。構造の輪郭が目に見える形で残ってしまっている。」(ホントでしょうか?「月人」の実在の根拠が弱すぎます。)
 ワリング氏も指摘するようにNASAの画像処理は、極めて杜撰だといわれている。そのせいで探査機が撮影した月の裏側に存在する巨大な構造物や人工めいた物体や遺物が、削除や修正もされずに公表されてしまう、ということが多々あるのだ。

地表に鎮座していた怪しげな飛行物体が、その後フワリと空中へと浮上していく様子が画像に写されている。物体の下部からは「脚」らしきものが突き出ている。(参考引用文献『月の都市伝説』20171月並木伸一郎著 学研プラス)


アポロ12号とUFO動画





「月の水」に関する見解です。

月の水の謎

 20099月にインド初の月探査機チャンドラヤーン1号は月の水を検出した。NASAは、チャンドラヤーン1号に搭載したレーダー機でのデータを元に、月の北極付近にある「永久影」を持つ40のクレーターに少なくとも数メートルの厚さの氷の層があり、総計6億トンの水が存在するのではないか、という見解を発表しているのである。
 月の地上は、大気が薄すぎて常に宇宙にさらされているため、水が表面にたまっていることはない。水があったとしても、すぐに水蒸気になり、太陽の光で分解されてしまう。そのため月の表面には、水は存在しにくい。だが、「永久影」のクレーターには、日光があたらないため、たまたまクレーターに落ちた水が、おそらく数十億年以上も氷となって眠っていたと考えられるのである。
 月に水をもたらしたのは、おそらく衝突した小惑星や彗星であろう。

月が誕生したころに極付近へ衝突した彗星が水をクレーターに流し込み、そのまま凍結してしまったと考えられる。(『月の都市伝説』並木伸一郎著 ()学研プラス発行20171月より)


【研究成果】月の内部に大量の水が存在か
AFPBB News

AFP=時事】乾燥して荒涼とした天体と長年考えられてきた月には、地中に驚くほど大量の水が蓄えられているとの研究論文が平成29724日、発表された。地球から月探査にやって来た人々が、この水でのどの渇きを癒やす日が来るかもしれないと研究者は話している。

 論文の共同執筆者で、米ブラウン大学(Brown University)博士課程修了研究者のリ・シュアイ(Shuai Li)氏は、AFPの取材に「今回の研究では、周回探査機の観測データを用いて、月の内部の水を示す痕跡を月全体で確認した」と語った。「こうした水は、未来の月探査のための原位置資源として利用される可能性がある」のだという。リ氏は現在、米ハワイ大学(University of Hawaii)の所属。
 月は「完全乾燥」の状態にあるという科学者らの認識が変わったのは約10年前。米航空宇宙局(NASA)の有人月探査ミッション「アポロ(Apollo)計画」で地球に持ち帰られた小さなガラス粒子に、生命の必須要素の水が含まれる科学的証拠が発見されてからだと、リ氏は指摘する。
 ブラウン大のチームによる今回の研究は、月の表面全体に分布する多数の火山性堆積物に、周囲の領域に比べて「異常なほど大量の閉じ込められた水」が含まれることを明らかにしている。
 研究チームによると、月の表面下からのマグマの爆発的噴火によって形成されたガラス粒子で構成されると考えられる古代の堆積物で水が発見されたことは、月のマントルが驚くほど水に富んでいるとする説を大きく後押しするという。
 24日の英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)に発表された最新論文の主執筆者で、米ブラウン大学(Brown University)地球環境惑星科学科のラルフ・ミリケン(Ralph Milliken)准教授は「カギとなる問題は、アポロのサンプルが示しているのが、月内部の大半の状態なのか、もしくはそれ以外は『乾燥した』マントル内にある異常または特異的と思われる水が豊富な領域なのか、そのどちらなのかということだ」と話す。

■堆積物の分布がカギ

 ミリケン准教授は「水を豊富に含む堆積物の分布がカギを握っている」としながら、「こうした堆積物は月の表面に散在している。これにより、アポロのサンプルで見つかった水は、その場だけのものではないことが分かる」と指摘した。
 また「周回観測機のデータを調べることで、アポロや(旧ソ連の)ルナ(Luna)計画などの探査ミッションではサンプル採取が1度も行われなかった月面の広大な火山砕屑堆積物を調査できる」と説明し、「堆積物のほぼすべてが水の痕跡を示しているという事実は、アポロのサンプルは特異的なものではなく、月の内部の大部分に水が多く含まれる可能性があることを示唆している」とも述べている。
 月をめぐっては、太陽系の歴史の初期に火星くらいの大きさの天体が地球に衝突し、その際に飛び散った破片から形成されたと考えられている。しかし、水の形成に必要な水素が、この衝突で発生した熱を切り抜けることは不可能だと科学者らは推測していた。それでも「月の内部に水が存在する証拠が増えていることは、水が何らかの方法でこれを切り抜けたか、もしくは衝突直後の、月がまだ完全には固まっていない時期に、小惑星や彗星(すいせい)によって水が持ち込まれたことを示唆している」と、リ氏は話す。
 なお、火山ガラスに含まれる水はごく微量にすぎないが、堆積物は広大であり、この水を抽出できる可能性もある。
 このことについてリ氏は、「月の極にある影の領域に水氷が存在することが他の研究で示唆されているが、火山砕屑堆積物はそれよりアクセスしやすいと思われる」と述べ、「未来の月探査に訪れる人々が地球から大量の水を持ち込まなくても済むようになるのであれば、それは大きな前進となるものであり、今回の結果は新たな代替案の一つを示唆している」と続けた。【翻訳編集】AFPBB News

アポロ11号は月にいっていないのではないか?という疑惑に対するファイナルアンサー

アポロ疑惑の真相

「アポロは月に行っていない!」
この「アポロ計画疑惑論争」の火付け役は、アメリカのFOXテレビが、2001215日に放映した番組『陰謀のセオリー~人類は月に着陸したのか?』だった。
 同番組が「アポロ計画陰謀論」の骨子としたのは以下の3点である。

   バン・アレン帯を通過した際に、大量の放射能を浴びた宇宙飛行士が、はたして生きていられるのか?
   アポロの多くの画像がネバダ州の「エリア51」やスタジオ内で撮影された可能性が高い。
   噴射痕が残らないなど、飛行経路の物理的側面や、使用された機器の性能に関する問題

 これら3点について同番組は疑惑の根拠を列挙し、「アポロは月に行っていない。」と結論づけたのである。
 これらの疑惑に対して、NASAは公式に反論している。

   はバン・アレン帯を避けるような軌道をとり、さらに1時間以内で突破、宇宙飛行士たちが浴びる放射線量は、人体にほとんど影響のない量より、はるかに少なくてすんだ。
   は、旗の上辺にワイヤーがあり、国旗にシワが入ったため、はためいてみえたというのが真相。
   は、「噴射痕はある」と主張。2008年、日本の月周回衛星かぐやが、アポロ15号の着陸船の噴射の痕跡を撮影している。また2009年には、NASAのルナ・リコネイサンス・オービターが、アポロ各号の着陸の痕跡を確認したことを発表した。
仮にNASAが画像を捏造して、アポロ計画をでっちあげたならば、月から持ち帰ったという地球にはない鉱物が含まれた「月に石」や、多くの科学的データなど、すべてを捏造してきたことになる。

 さらに重要な科学的事実がある。
アポロ計画で月面に設置されたレーザー光反射装置である。この装置が機能しているからこそ、われわれは月と地球との距離を正確に測定できるのである。アポロ計画の疑惑を追及する方たちも、こうした科学的事実は否定できないはずであろう。

(『月の都市伝説』並木伸一郎著 ()学研プラス発行20171月より)


※アポロ宇宙船が月にいかずにスタジオで撮影された映像を全世界に放映したという話自体が「都市伝説」でしょう。「月の石」は実は南極の石だった、とかいうことと同じです。そこまで疑ってしまったら人類の科学の進歩まで疑うことになります。
それよりアポロ計画は、異星人の調査をするために極秘に18~20号まで打ち上げた、という話を各自で検証すべきでしょう。もし事実なら大変な話ですからね。