【UFO地球内部起源説】地底都市と空洞地球で暮らす人々と社会

空洞地球に暮らす人々のようす

 空洞地球に暮らす人々の霊的状態は、地上人より格段に進化しているという。それは、別の惑星系から地球へやってきた人々だからであり、これまで一度も地表でくらしたことはないという。
 彼らは特に関心をもって地上界を監視しているわけではない。
精神状態の低い次元の地上人とはできるだけ関わりたくないと思っている。
「地底人」の体は、基本的に「地表人」と同じである。私たちと変わることはない。ただ全体的に(性別を問わず?)長身である。過去12000年の間、菜食を継続してきたせいで長身になったといわれる。また菜食であるために極めて健康的な生活を送っている。

地底世界の光の都市テロス 
~カリフォルニア・シャスタ山の地下にある地底都市~

 人口150万人以上の都市、永遠の平和と繁栄の元に暮らしている。
レムリアのコロニーのひとつであり、12人のアセンディッド・マスターからなるカウンシル(評議会)とその一人である高僧アダマによって統治されている。
 光の地底都市は、全てあわせると2500以上存在する。それぞれの都市は、「アガルタ・ネットワーク」と呼ばれる光のネットワークで統合されている。
 テロスの位置は、地表からおよそ1.6㎞の地中にある。またあらゆる都市の中で最も優勢な都市は「シャンバラ」と呼ばれ、地球の中央(空洞地球)に位置している。「シャンバラ」へは、北極と南極に存在する「穴」からアクセスが可能になっている。厳密にいえば、テロスなどの地底都市とシャンバラと呼ばれる空洞地球(インナーアース)は別のものである。

(地底都市)~地殻の中に掘られた、或いは天然の空洞に作られた都市。
(シャンバラ)~地球の内部(中央)そのものに広がる楽園(エデンの園)である。

 テロスなどの地底都市とシャンバラといわれる空洞地球では重力の方向が異なる。地表に近い地底都市ならば、地球の中心にむけて立っているが、空洞地球に近い地底都市ならば、地球の中心から外へむけて立っていることになる。

 地球内部の移動交通システムは、「チューブ」と呼ばれ地球全体の地下に張り巡らされている。都市間の移動は、電磁力列車が利用される。空洞地球と地底都市の間の移動も同じ交通システムでつながっている。地下鉄に近いイメージであるが軌道はない。空気や電磁波をクッションにして、チューブ内を浮いて走るのである。そのため軌道との摩擦運動がなく、最高速度は時速4800㎞で走る。
 
 空間を移動するときの移動交通システムは、「シルバー・フリート」(銀艦隊)と呼ばれるUFOが使われる。空洞地球世界の都市アガルタで製造されている。空洞地球にはUFOを格納する倉庫がある。地上との行き来も全く自由にできるようになっている。ただし地底人は現在、地表とは基本的に一切の交流を遮断した状況にある。

  空洞地球には、地表と同じように図書館が存在する。(ポーソロゴス図書館・ミコスさんが中丸氏とコンタクトをとっていた。)
 地底図書館は、人間の過去世まで調べることができる。スイッチ一つで巨大なスクリーンに自分の過去世がすべて映し出されるという。

 空洞地球には、地表でいうところの「都市」のようなものは存在しない。どこも木々や花々にあふれている。しかもこれらの植物は巨大であり、地表の約2倍の大きさがある。当然、そこから採れる果物や野菜も巨大なサイズだという。

(『UFOと地底人』ついに明かされた異星人と空洞地球の真実 中丸薫著 Gakken

【地底都市&空洞地球動画】

シャスタ山 光の地下都市テロスからアダマのチャネリングメッセージ 2017年1月1日 大空隼人 2017年02月16日 http://spiritualschool.jp/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E5%B1%B1%E5%85%89%E3%81%AE%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%83%86%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%9E%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A3/ https://youtu.be/U_9-jkDxBBQ
【衝撃】伝説の王国アガルタの首都!シャンバラ! 2016/01/05 に公開 シャンバラとはチベットに古くから伝わる地底の王国アガルタの首都の名前である。現在は伝説上の存在としてチベットの人々の間で語り継がれている。かつて、このシャンバラを求めて多くの冒険家が旅に出た。 https://youtu.be/Ff0VhjZ1Ip4
極秘映像 アガルタ - 地球内部の入り口 Top secret"AGARTHA - INNER EARTH ENTRANCE" 2014/04/06 に公開 ソビエトの宇宙船ミールから撮影された地球内部の入り口の映像です。 https://youtu.be/3Hk05KS16Wo
衝撃 地球内部に迷い込んで2年間過ごしたヤンセン親子の謎 最先端科学でも解析できない地球の内部にもう一つの世界が存在 2017/02/22 に公開 衝撃 地球内部に迷い込んで2年間過ごしたヤンセン親子の謎 最先端科学でも解析できない地球の内部にもう一つの世界が存在,地球空洞説(ちきゅうくうどうせつ、hollow Earth theory)とは、我々の住むこの地球は、中身の詰まった球体ではなく、ゴムボールのように中空であったり、別世界へ繋がっているという考え方。古くから概念として存在する。「アガルタ世界」や小説「地底旅行」(後述)が有名である。 大航海時代と20世紀の科学の発展により根拠を失い衰退した。 測地学の分野では長期間に渡って議論されたが、科学者たちは一様にこれを疑似科学であるとして、退けた。これには球殻の内側の凹面は人間などの居住が可能だというアイデアを含んでいる。 https://youtu.be/k-dlgOoA2y8

【地底都市・空洞地球リンク】
今この時&あの日あの時~地底都市について~
【地底都市】 テロスの高僧アダマからのメッセージ
内部地球地下都市「テロス」のシャルーラ・デュックス王女
謎の地底王国アガルタ ~夢の理想郷シャンバラとその精神世界を探る~
中丸薫オフィシャルサイト
太陽の会トップページ

0 件のコメント: