人類とエイリアンとの相互理解へのチャレンジ

NSAによる宇宙人との相互理解の重要性と任務の失敗
 1968NSA(アメリカ国家安全保障局)の部内文書「UFO仮説と生存問題」というタイトルの文書が作成される。そこで宇宙人の相互理解の重要性について述べられている。
「もし、UFOの一部が彼らの産物であるとすれば、彼らの方がわれわれより遥かに高度な文明をもっている。地球上の歴史を振り返ってみると、技術的に進んだ文明と遅れた文明が遭遇した場合、技術的に進んだ文明の方が概して攻撃的である。
 技術的に遅れた文明は征服されるか、絶滅させられるか、どちらかの運命をたどってきた。したがってUFOが地球外の知的生命体の産物とすれば、われわれにとって大きな脅威である。
 後進文明が先進文明に遭遇した際に、とるべき生存のための方策はいくつか考えられるが、一番よい方法は、かつて日本が実行して成功したように、自己の独自性が失われないうちに、先進文明の技術や文化の強さを一刻も早く学び取ることだ。
 できれば選りすぐった人たちをその世界に送り込んで生活させ、先進文明の長所を学ばせる必要がある。」


 この仮説に基づく計画は実際に実行されたといわれる。そして地球から宇宙人の星に3人の交換留学生が派遣されたというが、2人は精神に異常をきたし、一人は行方不明になり、今はどうなったかわからないという。要するに日本の明治維新をまねて地球人を異星に送り込んだのはいいが、環境に適応できずに失敗したとみるべきであろう。



UFOや宇宙人の真実 矢追純一氏に聞く

「イエローブック」
(宇宙人の社会、文化などについてのレポート)

 アメリカ、トルーマン大統領以来、3人の宇宙人がアメリカの国賓として招かれている。

「イエローブック」作成に3人の宇宙人が関わる!?

 一人目は、ロズウェル墜落事件の時に生存していた宇宙人の一人で1947年から3年の間生存していた。この3年の間にアメリカ政府とMJ-12は、彼から宇宙人の社会、文化、UFOについて様々なことを学んだ。
 二人目は、この事実をふまえて計画された宇宙人との「交換留学生プログラム」の一環としてアメリカを訪れる。アメリカ国内の秘密基地で宇宙人の社会、文化などのレポートであるイエローブック作成に協力することが任務である。
 三人目は、女性の宇宙人が大使としてアメリカへ派遣される。1982年にやってくる。1988年の時点では、秘密の基地においてイエローブックの作成に協力している、といわれる。

宇宙人が自らの生態と文化を記したレポート「イエローブック」

〈宇宙人の身体的特徴〉

身長は、3フィート4インチ。目は非常に大きく昆虫のようである。まぶたが二つあって、われわれの23倍の光を放っている。鼻にあたるところには、2つの穴があるだけで、口は小さく歯はない。歯茎のような硬い部分がある。

 内臓は非常に単純であり、心臓と肺の役割をはたす器官はあるものの消化器官はごく簡素なものである。皮膚はゴムのように硬い。脳の組織は人間より複雑で、我々とは異なるヒダがたくさん見受けられる。人間の目が脳の後部でコントロールされているのに対し、彼らのそれは、前頭葉にあたる部分で調整されている。視力は人間より優れている。
 生殖器は男女の別は不明でも、膀胱は存在している。そのほか我々の知らない器官があっておそらく個体からの液体を排出するものと考えられる。指は親指がなく、4本。足は小さく木の枝のように弱々しい。

IQ200以上。平均寿命は300400にものぼる。

〈宇宙人の生活〉

 宗教はあるが、心的宗教で宇宙を神としてあがめている。音楽はあらゆるものを聴く。すべてに高い関心を示すが、とりわけチベット風音楽を好む。いちばん好きな食べ物はストロベリーアイスクリーム。

(参考引用文献『UFOの謎を明かすイーバ これが宇宙人との密約だ』矢追純一著 KKベストセラーズ)



ラージノーズグレイも大好き!ストロベリーアイスクリーム



0 件のコメント: