【UFOテクノロジーは軍事機密】物理学者ロバート(ボブ)・ラザー博士によるエリア51内部の告発

【衝撃発言】
ラザー博士の証言(1)米国軍事最高機密エリア UFO科学大学院USS


概況説明書だけでも120点はある文書から宇宙人とUFOの実態が判明した。

「私はみた。グルームレイクの地下には、噂通りUFOの機体も乗員の遺体も保管されている!」



「アメリカの軍部が、いくつもの宇宙人のUFOを回収しそれを隠しもっていることを知ったのです。そして彼らが宇宙人の死体を解剖したことも。」

「グルームレイクの地下では、政府独立機関の少数グループによって、それぞれタイプの異なるUFO9機保管され、(9つの格納庫)またエイリアン乗員の死体も数体、ガラスケースの中に永久保存されている。」

〈ロバート・ラザー博士とは?〉

【略歴】
 カリフォルニア工科大学とマサチューセッツ工科大学で物理学と電子工学を修め、その後民間企業のフェアチャイルド社に勤務したあと、ロスアラモス研究所の中間子物理学研究施設で加速装置の研究開発にも携わった科学者。1982年に物理学者エドワード・テラーに誘われてエリア51の開発スタッフに加わる。エリア51内の「S-4」(セクターフォー)と呼ばれる秘密区域に配属されていた。宇宙で使用する高エネルギー粒子ビーム加速機、SDIの宇宙兵器の開発に携わっている人物。
1988年初めまでロスアラモス研究所に勤めていた。1988年に海軍省の契約企業として有名なEGG社にスカウトされ、海軍情報部からの出向という名目によりエリア51の極秘計画「プロジェクト・ガリレオ」に配属される。

【S-4(セクターフォー)とは?】

遺伝子操作の実験が行われているエリア51の秘密基地

エミグラント渓谷のバブースレイクに面したバブース山脈の山腹を掘削して構築された極秘研究施設であり、グルームレイク乾燥湖の南方約15㎞に位置する。
別名を「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」と呼ばれるように神秘と謎に彩られた地域なのである。ラザー氏によれば、S-4にはUFOや異星人に関する膨大な極秘文書が保管され、9つの格納庫にはそれぞれ1機づつ計9機の円盤型飛行体が存在したという。
しかもそれらは、UFOコンタクティとして有名なビリー・マイヤー氏が発表した写真のUFOと同じであったといわれる。
またラザー氏自身は、S-4内で異星人をみたことはなかったものの、同僚たちによるコメントから施設内に異星人が存在することを暗示している。

またS-4では、細胞が老化してしまった異星人が保護されており、クローン実験や異星人と人間とのハイブリッドが培養されているといわれている。(出典:『完全版 世界のUFO現象FILE』並木伸一郎著 2011329日)

エミグラント渓谷のバブースレイクに面したバブース山脈の山腹を掘削して作られたアメリカ空軍?の極秘研究施設。グルームレイクの南方約15㎞に位置する。別名「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」。エリア51から山裾を5㎞ほどまわったところに存在する。
「9つの奇妙な格納庫のドアがある。それらは、山腹をくりぬいて作られた格納庫と施設を覆い隠すように、斜め35°に傾斜して作られ、山肌と同じ色合いに偽装されていました。」

〈極秘計画プロジェクト・ガリレオとは?〉

 墜落したUFOを地球産の材料だけで技術復元させる実験。エリア51の本体からやや離れた別区画パブース・マウンテンの中にあるS4(セクター4)」で研究が行われている。

〈ガリレオ計画以外の極秘計画〉

  「サイドキック計画」
「重力レンズ」で粒子ビームを放射する新兵器の開発計画。

  「ルッキンググラス計画」
技術復元応用プロジェクト。「時間を振り返る新物理学」研究。
※ガリレオ計画と同時進行で進められていた。

 ラザー博士は、S4で見てきたUFOや宇宙人の保存死体をスケッチに残している。
宇宙人の「新物理学」は、地球の科学レベルに比べて数百年分は進んでいるとみていた。


(出典:http://www.fureai.or.jp/~oomiya/img_data_kaufo_010.jpg


矢追純一リポート、UFO最新極秘情報、 謎の施設 R-6413とは? 2/3 2016/08/21 に公開 緊急報告!矢追純一 UFO最新極秘情報!エリア51と 謎の施 R-6413とは? (MC) 矢追純一. 
https://youtu.be/srPQkABihjk
 

【S-4内部で目撃、搭乗したUFO】
 円盤直径は目測でおよそ16m、高さは5mくらいであった。UFOの形状は、なんとも形容しがたいほど美しく優雅にできたいた。鈍い銀色に輝いていて、表面は実になめらかでした。金属ともプラスティックともつかない温かみを感じる未知の材質で、継ぎ目やリベットの跡は一切ありませんでした。かくばったところがなくすべてが丸みをカーブでできていた。
 円盤の縁の方に入り口があった。端の方は腰をかがめてかろうじて歩ける程度の天井の低さで、中央にいくとようやく立てることができた。中央には1本の柱が床から天井までのびていて、その最下端にUFOの動力源といわれる「反物質リアクター(反応炉)」と名付けた装置がついていた。柱の上部は上層のフロアに通じていた。柱の周囲には、床から3040㎝くらいの高さの椅子が床と一体的におかれていた。床の一角に小さなドアがあり、そこから下のフロアをみると3つの重力増幅器が吊り下がっているのがみえた。

 「反重力リアクター」は、バスケットボールほどの大きさで、銀色に輝く半球形の物体だった。それよりわずかに大きな皿のような台にのっていて、中には「元素115」という地球上には存在しない元素が動力源として入っていた。

 ラザー博士が「スポーツタイプ」と呼んでいた軽量型UFOの推進装置用核燃料には、超ウラン元素の一つである「元素115」が使われることが判明していた。
 ラザー博士の説明によると、「元素115」が放射性崩壊する過程で、反陽子(反物質の陽子)が生まれ、ターゲットガスと対消滅(物質と反物質の衝突で全質量がエネルギー化する)して放出されるエネルギーが、全搭載機器を動かす電力源となる。
 その際に115の原子核を縛っている「強い核力(相互作用)」(重力、電磁力、弱い相互作用と並ぶ宇宙の4力の一つ)が波動化して、核外にまで広がる。ラザー博士が「重力A波」と呼ぶこの新種の重力波が、補助装置で増幅・制御され、惑星間、恒星間空間で推進力として使われるという。
 「元素115」は放射性元素で、ラザー博士が内部告発した当時は、未発見の「超重元素」であったが、2004年になって、ロシアのドブナ合同原子核研究所とアメリカのローレンスリバモア国立研究所の共同チームが、人工的創成に成功した、と発表され、暫定的に「ウンウンペンチウム」と命名されている。



※国際学術機関IUPAC(国際純正・応用化学連合)では、元素周期律表上、原子番号92より重い超ウラン元素は、人工元素であり元素112までは発見が認定されている。それ以降の超ウラン元素は正式認定されていない。
 そのため未定・未発見元素には、「ウンウン」または「ウン」の接頭語をつけることが決まりである。

 ラザー博士が、「ガリレオ計画」で果たした最大の貢献は、UFOの核燃料を「元素115」と特定したことである。


しかしこうしたエリア51の関する恐るべき秘密が、アメリカ国民や世界の人々の目から不正に隠蔽されている事実にラザー博士は疑問を持ちはじめる。
そして1989年エリア51から「外出許可」を得た機会を利用して、砂漠の下の違法な研究施設に二度と戻ることをやめて、勇気を奮って真相の公開に踏み切った。

〈機密情報を暴露された米機関がラザー博士に行ったこと〉

「わたしの信用をなくす目的で、データが故意に抹消されたのだ。」(本人の主張)

ロスアラモス研究所時代の1982年、年度職員電話帳と地元紙に掲載された新聞辞令以外の個人情報については、生まれた病院をはじめマサチューセッツ工科大学の学歴、海軍省情報部時代の職歴、これら裏付けとなる証拠は一切でてこなかった。
※国家機密の保持のために、個人の信用失墜を狙って職歴情報を抹消する行為は、本当にありうるのだろうか?人権倫理の観点からこうした行為は許されるのでしょうか?

「ラザーの正体は、情報機関員で、UFO研究界の信用を失墜させる情報攪乱工作の一環としてシンパを装って偽情報を流している。」(否定論者)
ラザー博士の情報の価値を貶めようとする「無価値化」する情報工作ではないか?
それほどエリア51の情報については、一般大衆に公開されることに対して神経質になっているのであろう。
 後年、NSAの契約社員エドワード・スノーデン氏が機密情報を公開した時にNSAは「情報の5%は偽物」と発表し、スノーデンファイルの価値をなくさせようとしている。

いずれにしろこれによりラザー博士は、「エリア51の話は二度としたくない。」として沈黙してしまった。ただ2016年日本のNHKの取材班が、エリア51の番組取材でラザー氏本人のインタビューに成功している。
 エリア51の件について口を閉ざした後のラザー博士は、「ICBMサイロを火星地下住居に再設計する政府支援の宇宙関連プロジェクト」に就いている、といわれる。


213UFO科学 NGO未来大学院

ためになるリンク関連サイト 

超魔界帝国の逆襲

UFO事件簿 エリア51


エリア51
アメリカが世界に誇る?秘密兵器開発施設
 
ネバダ州ラスベガスの北西約150㎞の地にある。周囲をグルーム山脈が囲み、グルームレイクやバブースレイクなどの乾燥湖が横たわる砂漠地帯である。
基地の名称は、正確には「グルームレイク基地」といわれる。「エリア51」という呼称はあくまで通称であり、ネバダ砂漠のテストサイトマップで当該区画が「エリア51」と表記されているためである。なお地図には、基地そのものを示す表示はなく、公式には「存在しない」秘密基地なのである。
エリア51は、次世代新型航空機、秘密兵器の開発実験施設であることは周知の事実である。アメリカ空軍のステルス戦闘機、爆撃機などがここで開発、実用化されている。

エリア51の裏の顔は、19893月に物理学者ロバート・ラザー氏の証言により多くの知るところとなる。エリア51の極秘施設には、異星人から提供されたUFOが隠匿されており、地球製のUFOの研究、開発が行われているとする。

ラザー氏の証言は、アメリカのテレビドキュメンタリーで放映され、エリア51の存在はすぐに全米に拡散することになった。
またラザー氏は、基地内でみた極秘文書にUFOの各部分のスケッチ、異星人の解剖写真と報告書が存在したとし、基地内に異星人がいることは間違いない、と断言している。
ラザー氏以外にもエリア51で働いていたと称し、そこで行われている陰謀を証言する人物が続出し、現地は多くの人々が訪れる観光名所にさえなっている。
ただロバート・ラザー氏の証言は秘密兵器開発を隠匿するための情報操作であるとみる向きのあることも事実である。

確かにエリア51の周辺では、しばしば奇妙な発光体が目撃されることがあるが、それが軍の秘密兵器の開発につながるものなのであろうか。

エリア51上空、またも複数のUFOが出現!増えるUFO目撃数の裏には何が?

2018/5/1 http://mnsatlas.com/?p=34681


 以前、本アトラスでは「アメリカ軍の戦闘機がエリア51上空でUFOとドッグファイトをしていた!?」という報告を行った。
UFO関連の陰謀論では必ずと言っていいほど登場するエリア51近辺でキャンプを行っていた民間のUFO研究チームが、エリア51の敷地上空にて複数の戦闘機が飛行訓練を行っていた様子に遭遇。この時は何らかの演習なのだろうと思い、何気なく写真に収めていたのだが、後で写真を確認してみたところ戦闘機とは全く違う黒い三角形の飛行物体が一緒に飛行していたことが判明したのである。
この飛行物体についてはアメリカ軍が開発した最新の戦闘機や無人機だった可能性もあったが、既存の飛行機などとは全く違う形状に加え、肉眼で確認できなかった点などから「本当に新型機を含めた演習だったのだろうか?」と疑問も出てきていた。

 そんなエリア51上空で、再び複数のUFOらしき謎の物体が目撃されて話題になっている。問題の動画は今月初めにネバダ州の砂漠地帯上空を飛行中だった飛行機の中で撮影されたもの。動画には小さいが、白く光る飛行機とはまた違う謎の物体が複数飛行している様子が捉えられている。
 最近ではエリア51付近で様々なUFOの目撃例が増えているという。
一説には米軍の新型機を開発中であり、そのテスト飛行が行われているのだともされているが、真相は果たして?
(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)
画像&動画 ©Disclose Screen The Grimreefar Filthy South YouTube

関連動画
UFO’S FILMED OVER NEVADA DESERT AREA 51 APRIL 2018 (Disclose Screen)
https://youtu.be/p_PYYAhLry4

0 件のコメント: