【疑惑の原点】再びロズウェル事件へ

アメリカ空軍ライトパターソン基地の異星人の遺体

 「空飛ぶ円盤」が墜落し、その機体と搭乗していた異星人が回収された。
その地球外テクノロジーは、いかに管理され、活用されているのか?
ライトパターソン空軍基地には、数々のエイリアンエビデンスが隠されている。

墜落した円盤と子供のような亡骸

 アメリカを代表するUFO墜落事件といっていいロズウェル事件については、これまで様々な角度からその信憑性について考えてきたが、どうも結論からいえば、気球墜落やLAVといわれるアメリカの飛翔体墜落よりも状況証拠的にみても、異星人の操る飛行物体が何らかの事情により、米ニューメキシコ州に墜落したとする方が、矛盾なく理解できるように感じる。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%AD%E3%82%BA%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0
写真左がロジャー・レイミー准将

 ロズウェル事件の核心部分となりえる「レイミー・メモ」(ロジャー・レイミー准将が事件について記した内部文書)に対しては、最新デジタル技術を用いた画像解析が現在も継続中である。これまでの検証で、

   AND THE  VICTIMS  OF THE WRECK」(残骸の犠牲者)、
   IN THE DISK THEY WILL  SHIP」(彼らが乗る円盤に)

といった文字が確認されており、いわゆる「空飛ぶ円盤」が墜落し、破片と乗組員の遺体が回収されたロズウェル事件のインパクトは、70年近くも色あせないままである。そして墜落円盤やエイリアンの死体回収事例に光をあてるレポートを見る限り、アメリカではロズウェル以外の場所でも同じような事件が繰り返し起きているようだ。
 MUFON関係者でさえアクセスが制限されている「ストリングフィールド・ファイル」という書類がある。UFOリサーチャーレオナルド・ストリングフィールドがまとめた、墜落円盤およびエイリアンの死体回収事例に特化したファイルである。

 1963年のある日、ニューメキシコ州サンタ・ローザの病院で働く看護師のビニーに、地元警察から電話がかかってきた。
航空機の墜落事故がおき、現場での救急救命作業に参加してほしいという依頼であった。
 現場に到着すると、様々な大きさの破片が散乱する中、小さな体が横たわっていた。息がないことは明らかであった。
 子供としか思えない遺体をすぐに病院まで運んだが、検視が開始されると同時に空軍の制服を着た男性が現れた。この男は建物全体を封鎖し、既に記入が始まっていた検視報告書も、遺体もトラックに積むように命じた。一連の作業が完了した後、彼は次のようにいった。
「今日起きたことについて他言は無用だ。国家安全保障上の重大な問題なので、情報が漏れたら大変なことになりますよ。」

ロズウェルに墜落したUFOの流出画像


証拠を収集、隠匿するライトパターソン基地

ライトパターソン空軍基地

 ストリングフィールド・ファイルには、軍関係者が内部告発したケースも多く収められている。
 ノーマ・ガードナーは、オハイオ州デイトンに位置するライトパターソン空軍基地で勤務していた。主な業務は在庫管理だったが、その「在庫」とは、アメリカ各地で回収された「空飛ぶ円盤」の破片や残骸であった。
 1955年のある日、彼女がいつものように倉庫で仕事をしていると、すぐ横をカートに載せた水槽のようなものが通った。ふと視線をむけると、その中にはホルマリンのような液体に浮かぶ身長120㎝ほどの生物の死体が入っていたという。
 彼女は、1959年にがんを患って退役し、その年のうちに亡くなったが、「アンクル・サム(アメリカ政府)も墓場の中までは追いかけてこられない。」といって、体験のすべてをストリングフィールドに語ったのだ。
 1947年の墜落事例は、ロズウェルだけではなかった。ロズウェルから260㎞離れたソコロでも、円盤の破片およびエイリアンの死体回収が行われていた。回収された死体の数は全部で5体。一部の死体はライトパターソン基地に送られ、解剖が行われたという。
 UFOリサーチャーのライアン・ウッドは、ライトパターソン空軍基地内で解剖に参加したチャールズ・レイという外科医の娘から直接話を聞くことに成功している。このチームは、「インタープラネタリー・フェノメノン・ユニット(惑星間現象ユニット)」と名付けられ、「マジェスティック12年次報告書」という報告書も作成している。
 MUFONのエグゼクティブディレクターであるジャン・C・ハーザンは次のように語っている。
「レイの娘の証言をはじめ、円盤の破片やエイリアンの死体回収に関する多くの事例には、ライトパターソン空軍基地が必ず出てきます。何もないと思う方がおかしいでしょう。」
 ライトパターソン空軍基地には、空軍研究所の本部もある。この基地にアメリカ国内で発生した円盤墜落事例の物証(エイリアンの死体も含む)がすべて集められ、保管されている可能性は否めない。真実はネバダ州のエリア51でも、ニューメキシコ州ダルシーの地下基地でもなく、豊かな穀倉地帯のどこかで眠っているのだ。

《疑惑の場所》

ハンガー18


ライト・パターソン空軍基地は1947年7月のロズウェル事件とのつながりのためUFO陰謀論と関係があることで知られる。ある者はライト・パターソンのハンガー1818番格納庫)がネバダ州のエリア51とともに、粉砕されたUFOの残骸がかつてあったか、あるいは今もあると信じている。(ウィキペディアより引用)


ロズウェル事件で回収された遺体を担架で運んでいる8ミリ映像 2012/04/09 に公開 ・偽物説がある有名な異星人解剖ビデオと遺体の形状や損傷個所が一致する。 https://youtu.be/cWAf6AV5O6c

ロズウェル事件宇宙人解剖フィルム

エイリアンの模型を作ったという告発者まで現れたいわくつきのエイリアン解剖フィルムですが、遺体の損傷個所が上の動画と一致するという指摘は気になりますね。アメリカ空軍の情報セクションは、事実を部分的にだしながら、世論によって事実を否定させるというような戦略をとることが確認されていますから、或いはこの解剖フィルムも事実の可能性はあり得ます。何せアメリカの情報戦略は高度すぎます。


博物館に眠っていた「空飛ぶ円盤」の残骸が再発見される!
2018/2/16 http://mnsatlas.com/?p=31969
(飯山俊樹 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


UFO FOUND with a ‘chilling message’ in CIGARETTE TIN at London Science Museum https://youtu.be/t1W_Nbt3L9o  
  1947年7月に発生したロズウェル事件では、「空飛ぶ円盤が墜落した」とされる一帯に謎の金属片等が散乱していた様子が確認され、一部が個人的に回収されるなどしている。そんなUFOのものではないかとされる謎の物体の断片が、科学博物館に何十年も隠されたていたことが判明した。ただしアメリカではなく、イギリスで。 1957年、Scarborough近くのSilpho Moorにて小さな銅製の「空飛ぶ円盤」が発見されたとの報道がなされた。問題の金属物体は当初3人の男性が荒れ野で見つけたとされている。当時の報告によると、18インチの金属製の円盤は薄い銅板で構成されており、理解不能な象形文字が彫刻されていたという。
 この時シェフィールド・ハラム大学のジャーナリズム講師、デビッド・クラーク博士は、アメリカ国防総省のUFOファイルを引き合いに出した後で、この断片を研究するよう呼びかけた。 その後、多くの人が研究のために円盤の破片を持っていく事になったので、円盤は細分化されたそうだ。
 自然史博物館とマンチェスター大学での分析では、それが「精巧な詐欺」である可能性が高いと判断され、偽物ではないかとする疑惑がすぐに浮上した。それにもかかわらず、このUFOは多くの都市伝説や陰謀理論を引き起こしたそうだ。
 このUFOの断片が科学博物館のコレクションの中に眠っていたことが判明。この度約60年ぶりに公開されることとなった。 展覧会の開発者、Khalil Thirlaway氏は、次のように述べている。 「UFO研究家でも知られる航空史博士チャールズ・ハーバードギブス・スミス氏に関係したフォルダから、今回のUFOの断片を見つけました。Silpho MoorのUFO事件に関する記述と似通った所があるため、事件の破片とみてほぼ間違いないでしょう」 Clarke博士は次のように述べている。
 「これらの破片は錫箱の中に半世紀にわたって眠っていた、UFO事件の物証の一つだ。事件はいたずらだと思われていたが、疑問は残っている。誰が何のために作ったのか、その真実は明らかになっていないからだ」 このUFOの破片は、今後一般公開も検討されているという。 

貴重なロズウェル事件の証拠が没収される!? 
2018/6/29 http://mnsatlas.com/?p=36928 

 エイリアンのUFOが墜落したと信じられている場所、ロズウェル。この墜落地点でUFOの破片かもしれない破片を発見した研究者が、破片が来週土地管理局(BLM)によって没収されるかもしれないと述べて注目を集めている。彼は、UFOの破片ではないかとされる物質が確かに地球外を起源とすることを証明しなければならない事態に直面しているのだそうだ。 フランク・キンブラー(Frank Kimbler)氏は、ロズウェルのニューメキシコ軍事研究所で地質学等の教鞭をとっている。彼は研究所勤務で初めてロズウェルに滞在したのだが、この地で1947年に起きた有名なUFO事件に興味を抱いて独自に調査を行っていたという。ロズウェルは1947年に近郊の砂漠や農場の一角にエイリアンのUFOが墜落したと言われている。キンブラー氏は墜落したとされる地域の衛星写真を調べ、地面が焼けたように見える地域を見つけ、UFOの破片らしき謎の金属片を発見していた。
 その後、ロズウェル国際UFO博物館と研究センターと共同で実施された初期同位体比試験で、破片の成分に地球外が起源である可能性が少なからずあることが判明したのである。キンブラー氏は以降も破片に関する研究を続けており、「ロズウェル事件にエイリアンが関係していたことが証明できる日も近い」と述べていた。
 しかし、土地監理局はキンブラー氏に問題の金属破片に関する質問をしており、6月25日の月曜日に金属破片とその資料を提出するよう依頼。ロズウェルで開催されるUFOフェスティバルの2週間前のことだった。 実はロズウェルの土地は土地監理局によって管理されており、土地のサンプルを大量に収集しようとしたり、みだりに外部に持ち出してはならないとしている。だが、キンブラー氏は監理局のルールを破っていないと主張。 確かに監理局が発行している小冊子には、歴史的または文化的に重要ではない場合を除き「合理的な」量の資料を取っても問題ないと記されている。キンブラー氏が採取した資料は、現状規約に合っているため引き渡す必要はないはずの物である。 キンブラー氏は「重要な資料が国によって不当に没収されてしまう」として多くのメディアや法曹関係者に調査・取材を募っている。 「政府は墜落地点で見つかった資料を取り上げ、研究をやめさせようとしている。この種の政府統制は止めなければならない」とキンブラー氏は主張している。 (飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部) 画像©Frank Kimbler 関連動画 An Interview with Frank Kimbler, Roswell UFO Researcher

https://youtu.be/abmOJtNdylw?t=19

0 件のコメント: