地球外知的生命体の可能性はあるのか?

 宇宙人の存在を何ら疑いもせず、世界的なUFOや宇宙人の現象をまっすぐにうけとめてみえる皆さん方にとっては、このようなタイトルは適切なものではないかもしれません。
 私がUFOであるとか宇宙人について関心を抱いたのは、ちょうど小学生のころでした。当時はまだVTRDVDレコーダーもブルーレイディスクもなかった時代でしたから録画というものが一切していないので、具体的にどんな番組であったかは、はなはだ頼りない記憶に頼らなければいけないわけですが、特に印象に強い番組は、現在でも、というより、現在完全に在野のUFO研究家としてその名の知れ渡っている矢追純一氏の企画するUFO番組でした。

 特に「第3の選択の謎」というテレビ番組もありましたし、書籍でも発行されていたこのテーマには強い関心を覚え、どちらも夢中になったものです。米ソが共同で1万人の人類をセレクトして火星に移住しようという計画。その極秘映像なるものもテレビで放映されていました。あの「国際共同プロジェクト」が成功していれば、今頃火星には地球人類の「コロニー」が構築され、第二世代、第三世代くらいの子孫が生まれて、一つの国家のような形になっているのかもしれません。
 ただ共同プロジェクトの一つであったソビエト連邦が「崩壊」しましたからね。ロシアが計画を受け継いだのかどうなのか知るところではありませんが、気になるところではあります。
 あの時の米ソの共同で開発し、共同の管制の下火星に送られた探査機は、火星の赤い大地の上に広がる「青い」空を映し出し、地表の土の中を蠢く「生物」を発見していました。もちろん米ソの管制も大騒ぎ。世紀の大発見であるはずなのに「国家機密」のパッケージをかけられ、お蔵入りしてしまったのか、エイプリルフールのジョークとして扱われたのか映像の真偽も不明です。

 ただ2015年アメリカの火星探査機キュリオシティがNASAに送信してきた映像に映った空は「青い空」でしたから、やはり火星の空は「青かった。」というのが事実と思われます。「空が青い。」ということは、大気中の酸素分子が太陽光線を乱反射している時のカラーであるということを聞いたことがあります。そういうことなら火星の大気には、酸素が含まれており、地球と同じように酸素を取り込んで生存している生命体が存在する可能性がありますね。
 事実かどうかはともかく夜空をみあげてみてもたくさんで数えることもめんどくさくてありえないくらいの星々の中で地球以外に生命が存在する惑星がある、と考えると何かほっとするような気持ちがします。
 現代天文学の研究成果では、広大な宇宙にはおよそ7兆を超える銀河があるそうです。銀河が7兆ですから、恒星や惑星の数は、と考えるとまたまたうざい計算になるため考えませんが、7兆以上の銀河があるなら、酸素を取り込んで生きる生命体が存在するのが地球だけと考えること自体「無理がある」んじゃないの?と思えてくるのは私だけでしょうか?

太陽系内での「原始的生命体」の探査研究が主流

 先にあげた火星探査機キュリオシティ、土星探査機カッシーニなどは火星や土星の衛星タイタン、エンケラドス、木星の衛星エウロパ、ガニメデなどに生命体存在の可能性を見出しているようです。
 2020年には、EJSMといわれるNASAESAの共同プロジェクトとして木星の衛星エウロパとガニメデへ探査機が送られるとのことですが、バクテリアやアメーバのような原始的な生命体の存在が確認されたとしても、それは小保方晴子氏が周囲からの圧力で追求し損ねたSTAP細胞よりも画期的な発見となるでしょう。「捏造」などとNASA相手に圧力をかける連中もいないでしょうしね。

 また電波による地球外生命体の探査計画もあるようです。探査機に比べると直接宇宙にいくわけではないので横着な感じがしますが、コストはこちらの方が安いのかもしれません。電波による探査方式には二通りあります。

 パッシブ方式 
   宇宙からの電波やレーザー光を解析し、地球外生命体が発信したものかどうか調べます。主流の方法。

アクティブ方式
宇宙に電波を発信して反応を調べます。発信した電波が太陽系外に到達するまでに数年かかる。

「ブレイクスルーリッスン計画」
20161月からの10年行われる探査。「Search for Extra-Terrestrial Intelligence」史上最大規模のSETI計画。グリーンバンク電子望遠鏡を使用して行う。



人類の起源は宇宙なのか?

パンスペルミア説

 NASAが作った造語であるが、「アストロバイオロジー(宇宙生物学)」という学問領域がある。「宇宙における生命の起源や進化」などを研究する学問の総称である。多くの研究者が、アストロバイオロジーの研究を進め、人類の地球外生命体の存在に様々な仮説を提唱し、議論してきた。

 その仮説の一つに「パンスペルミア説」がある。これは、「宇宙から微生物が地球に飛来したことで人類が生まれた」という説である。

 1903年にスウェーデンの科学者スヴァンテ・アレニウスが「恒星からの光圧が微生物を運んだ」と推論した光パンスペルミア説や、「微生物は隕石や彗星によって運ばれてきた」という弾丸パンスペルミア説、「地球外生命体が意図的に微生物を運んできた」という意図的パンスペルミア説など様々な説があり、今も議論されている。

パンスペルミア説立証のためのたんぽぽ計画


20155月から我が国では、パンスペルミア説を検証するための「たんぽぽ計画」がISS(国際宇宙ステーション)の実験棟「きぼう」で進められている。正式名称は、「有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集」というもので、「超低密度エアロゲル」によって宇宙に漂う粒子を集め、その中に生命誕生の起源となる可能性のある有機化合物が存在するかを調査する計画である。宇宙から飛来する「生命の元」をタンポポの綿毛になぞらえてこの名称がつけられた。

 この計画では、デイノコッカスやシアノバクテリア、酵母菌など地球上の微生物が宇宙空間でどれだけ生きられるかも実験する。この実験によって微生物が宇宙空間でも生存できることが証明されれば、生命の材料となるアミノ酸などが天体間を移動している可能性もでてくるからだ。
 広大な宇宙から知的生命体を探し出すことは難しいかもしれない。だが、たんぽぽ計画に代表されるアストロバイオロジーの発展によって、宇宙に生命が存在できる可能性を証明することは、そんなに遠い未来ではないかもしれない。


(引用文献:『地球外生命体』山口敏太郎監修 201512月 ()アントレックス)


動画


権威ある学術誌で発表「地球の生命は地球外からやってきた、しかも・・・」
パンスペルミア説ほぼ確定、衝撃の「宇宙生命拡散システム」発見

2017.11.24 http://tocana.jp/2017/11/post_15180_entry.html


地球上のあらゆる生命の起源はどこにあるのか――? 最新の研究では、どうやら私たちは宇宙からやって来た可能性が濃厚になっているという。
■大気圏上層部では宇宙空間との活発な“交流”がある
 太古の昔、地球上で分子レベルの何らかの化学的変化が起き、最初の生命が誕生したとする考えは至極まっとうに思えるが、生命は宇宙から地球に運ばれたという「パンスペルミア説」も有力な仮説として科学界で真剣に検討されてきた経緯がある。そして今回、このパンスペルミア説をさらに強力にサポートする研究成果が発表された。
ご存知の通り、地球は大気圏によって宇宙空間から頑丈に守られている。時折、隕石などが燃え尽きずに地表まで落ちてくることもあるが、分厚い大気圏は、基本的には極めて強固に、宇宙から飛来するさまざまな脅威から我々を保護してくれていると考えられている。
 しかし先日、権威ある学術ジャーナル『Astrobiology』で発表されたエディンバラ大学アルジュン・ベレラ教授の研究論文では、大気圏上層部では宇宙空間との“交流”がこれまで考えられてきた以上に活発に行なわれていることが指摘されている。我々が想像していた以上に、宇宙空間を飛び交う物質は大気圏を通り抜けて地上へと降り注ぎ、また地球上の物質も宇宙空間へと放出されているというのである。そしてその中には“生物”も含まれるというのだ――。
 この研究の前提になっているのは、宇宙空間をきわめて高速で飛び交う“宇宙ダスト”の存在である。なんと1日あたり105kgもの宇宙の“塵”が、秒速1070kmもの速度で地球に降り注いでいるということだ。そして成層圏の上層部(熱圏)には宇宙ダストの急流が形成されており、もしもここに地球由来の物質などが届けば、ダストの急流に後ろから衝突されるとともにすさまじい推進力を得て、宇宙空間へと放たれるメカニズムがあるというのだ。
 これはつまり、もしもこの地上から舞い上がった物質がウイルスや微生物、クマムシのような緩歩動物(tardigrade)だった場合には、地球由来の“生物”が宇宙空間へと放たれていくることを意味する。
こうして宇宙空間に放たれた“生物”は、ベレラ教授の試算によれば数十億年の間に、なんと3万光年ほど移動する可能性があるということだ。つまり、数十億年で地球由来の“生物”が銀河系の大部分に行き渡る計算になる。何も高性能な宇宙船を建造しなくても、ある意味で我々の生命はすでに“宇宙進出”していたことになる。
http://tocana.jp/2017/11/post_15180_entry_2.html


■惑星間の“流通網”が広がっている
 そして“逆もまた真なり”である。一般的なパンスペルミア説では、隕石などに付着した“生物”が地球に運ばれたと考えられているが、大気圏上層部にこうしたメカニズムがあるとすれば、宇宙船ばかりでなく隕石も必要ないのである。地球に似た惑星からの“生物”が超高速で地球に運ばれてきた可能性もでてくるのだ。
「超高速の宇宙ダストは、太陽系をはじめとする惑星系における独特な存在であり、各惑星のサンプルを大気圏を通過して収集・貯蔵することができます。惑星系を飛び交う超高速の宇宙ダストには、あらゆる惑星からの原子、分子、場合によっては微生物の生命体まで含まれており、それらを異なる惑星へと運ぶ手段になっています」(研究論文より)
 つまり、惑星とはそれぞれが孤立した存在ではなく、相互に物質や生物をやりとりできる“流通網”をすでに持っているということだ。そして、この“流通網”は銀河全体に及ぶことさえ考えられるのである。
「宇宙ダストの衝突によって、惑星間の遠大な距離を隔てて生物が運ばれる可能性があるという仮説は、惑星の生命と大気の起源に関する興味深い研究の糸口を開くものになります。惑星系に存在する宇宙ダストの流れは、生命拡散の共通要因となる可能性があります」(研究論文より)
 そして、スピッツアー宇宙望遠鏡をはじめとする高性能望遠鏡による今後数十年の宇宙探査で、超高速宇宙ダストが微生物をはじめとする生命の“輸送システム”として宇宙にあまねく広がっていることが明らかになるということだ。

 生身の人間が気軽に宇宙へと旅立つ時代はまだまだ先の話になるが、この宇宙にすでに惑星間の“流通網”が広がっているとすれば、地球もまたほかの惑星からさまざまな影響を受け続けていることになる。超高速宇宙ダストのメカニズムについて、今後の研究の進展を大いに期待したい。(文=仲田しんじ)参考:「EWAO」、「Sci-News」、ほか
動画
地球の生命の起源が宇宙であることが明らかに

「エイリアンはすぐそこにいる」有名天体物

理学者が暴露! 人類の宇宙人観を刷新

する衝撃的容姿とは!?

2018214日(水)730分 tocanahttps://news.biglobe.ne.jp/trend/0214/toc_180214_0367612217.html
「エイリアンはすぐそこにいる」——。高名な天体物理学者の発言が話題を呼んでいる。

「宇宙には生命を構成する材料が豊富にある」

 地球上の生命とは、果たしてこの広大な宇宙の中でひとりぼっちの存在なのか? 近現代に入ってから隣人を見つけるためのさまざまな取り組みが行なわれてきたが、残念ながら今にいたっても地球外生物の痕跡はつかめてはいない。


 はたして私たちの隣人はいるのか? アメリカの有名な天体物理学者、ニール・ドグラース・タイソン氏が先日、人気テレビ番組「In Depth」で「私たちは宇宙でひとりぼっちではなさそうです」と発言して注目を集めている。地球外生命は、ほぼ確実に存在しているというのだ。
「宇宙には生命を構成する材料が豊富にあることに鑑みれば、我々だけが唯一の生命というわけではなさそうです」(ニール・ドグラース・タイソン氏)
 タイソン氏の言う生命の材料とは何か? それは地球でも地球外の天体でもありふれた存在である水素、酸素、窒素、炭素などの元素である。タイソン氏によれば、これらが宇宙のどこにでもあることから、地球と同じように生命が誕生して進化を遂げている場所はかつて考えられていた以上に数多く存在しているという。
「地球で起きた生命の誕生は、特別ユニークなものではないのです」(ニール・ドグラース・タイソン氏)
 エイリアンといえばもちろん、UFOを駆って地球にやって来るような高度な知的生命体というイメージが強いが、タイソン氏によれば、まずは地球外で微生物を発見することが優先されるということだ。
 宇宙は137億年前に誕生したといわれているが、この有り余る時間の中では、確かにどの場所で微生物などの生命が誕生していようが不思議はないのかもしれない。
「(地球外)微生物を宇宙人であると考えてもよいのです。彼らに宇宙船を作る必要はなく、ただ別の惑星の居住者であるというだけの存在です」(ニール・ドグラース・タイソン氏)
 そして実は、タイソン氏は今日のいわゆる“UFOコミュニティに批判的であるようだ。宇宙人(地球外微生物)は今のところは地球を訪れてはおらず、UFOコミュニティが主張していることはどれも科学的根拠が薄弱で、サイエンスの世界からは相手にされないレベルであることを述べている。
 とはいえ、こうして我々が存在している以上、少なくとも我々人類と同等の知的生命体がどこかに存在している可能性は高い。タイソン氏の今後の発言も気になるところだ。


エイリアンのグロテスクな実像


 では、タイソン氏が指摘するように宇宙人はまだまだ原始的な生物であるとすれば、いったいどのような姿をしているのか? 英・オックスフォード大学の研究チームが昨年、現在考え得るエイリアンの姿を提示している。
「特定の形質や適応の観点から、エイリアンが例えば大きな緑色の目や独特な腕や脚などを持っているのかどうかについては定かではありません。しかし、エイリアンは私たちと同じ自然淘汰の法則の対象となっており、その結果として我々と同様の進化の過程を通過しているはずです」と研究を主導したサミュエル・レビン氏は科学系オンラインメディア「IFL Science」に話している。そして考えられるエイリアンの姿は、例えば次のようなビジュアルになるということだ。
「たとえ我々と同じようなDNA構造でなくとも、進化の過程は同じようなものであるはずです。進化論的に同じ生物学的規則の対象であり、地球上の生命と同様の構造を持つでしょう」(サミュエル・レビン氏)


 つまり姿かたちは我々に似ていなかったにせよ、器官や内臓といったレベルではある程度は地球上の生物と似通っているということになる。しかしながらこの水面上で浮遊するエイリアンはなかなかグロテスクでショックを受けるかもしれない。颯爽とUFOを乗りこなす見るからにスマートなエイリアンばかりがこの宇宙にいるわけではないことは、少し考えればわかるのではあるが……(文=仲田しんじ)



【関連リンク】



0 件のコメント: